マッチ・コレクション/喫茶&軽食「ファイヤーフライ(FIREFLY)」 – 宍粟郡

マッチ・コレクション/喫茶&軽食「ファイヤーフライ(FIREFLY)」 - 宍粟郡 (1)

マッチ・コレクション/喫茶&軽食「ファイヤーフライ(FIREFLY)」 - 宍粟郡 (2)

マッチ・コレクション/喫茶&軽食「ファイヤーフライ(FIREFLY)」 - 宍粟郡 (3)

仕事柄、地名の難読さには多く出会います。
「神戸」だって難読かもしれません。「垂水」だって読み方がむずかしいのかもしれません。
垂水駅周辺には「陸ノ町」「御霊町」という読み方の難しそうな地名があります。
店舗で扱っているシザーケースの電話注文があった際には届け先の郵便番号を必ず確認します。郵便番号がわかれば「郵便番号検索」で住所を確認します。
来店いただいたお客様の中には読みの難しいかたもいらっしゃいますので、手書きの注文シートの名前の欄にはかならずふりがなを書き込んでもらいます。

さて、兵庫県の中西部に「宍粟」という地域があります。かつては「郡」として存在していました。「宍粟」と書いて「しそう」と読みます。
2005年に宍粟市が誕生します。2006年に「宍粟郡安富町」は姫路市に編入され、姫路市安富町となりました。
「ファイヤーフライ(FIREFLY)」はそんな宍粟郡安富町にあった喫茶・軽食店です。
「宍粟郡安富町」は揖保川と国道29号線は切り離せない町で、ホタルとも深いつながりがあったようです。
昨年5月頃に揖保川下流域となる「たつの市」で釣り上げられた北米原産の大型肉食魚は「アリゲーターガー」です。
「レッド・アリゲーター」ではありません。

2017年12月30日のblogで「神戸市の西隣は明石市で、さらにその西隣が加古川市」と書きましたが、自治体という枠で捉えると明石市と加古川市の間に「播磨町」がありますね。
2017年10月1日時点で兵庫県は29市12町です。

広告

マッチ・コレクション/喫茶&軽食「ファイヤーフライ(FIREFLY)」 – 宍粟郡” への2件のフィードバック

    1. ありがとうございます。
      「たるみ燐寸博物館」は昔を懐かしむノスタルジックなマッチの展示だけで終わらない – 無駄に終わるかもしれませんが – 試みを続けています(笑)

      いいね: 1人

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中