カテゴリー
モノ 雑文

重ねること、重なること。

重ねること、重なること。

昨夜降り始めた雨のその音は優しくなくて、今日まで続いて、地上に降り落ちて、空高く積み重なっていきました。
あと20cmくらい身長が伸びると僕の背の高さに追い抜く娘は今年、2分の1成人式。2分の1成人式なんて僕が小学生の頃にはありませんでした。
そして今日は娘の誕生日。

集合体としての過去から、点である今へ。そして広がる時間へ。
先のことなんて誰にもわからない。

だから悲しいときは泣いてもいいんだよ、と僕は再び思う。