マッチ・コレクション/TEA ROOM OKANO (オカノ) – 東京・飯田橋

マッチ・コレクション/TEA ROOM OKANO (オカノ) - 東京・飯田橋 (1)
マッチ・コレクション/TEA ROOM OKANO (オカノ) - 東京・飯田橋 (2)
マッチ・コレクション/TEA ROOM OKANO (オカノ) - 東京・飯田橋 (3)

“TEA ROOM OKANO (オカノ)”は「飯田橋」駅前にあった喫茶店です。
「飯田橋」という駅の所在地で考えると、千代田区と新宿区と文京区の3つの区にまたがることになるんですね。
1986年から1991年までの5年間のうちその前半、仕事の関係で「飯田橋」駅で何度か乗り降りした覚えがあります。

マッチ箱は僕が店で手に入れたものではありません。
カタカナの”オカノ”の文字、楽器を演奏する3人が描かれたイラストが心地よいと思いませんか。
きっとお店もそんな優しい空間だったのではないかと僕は勝手に想像をめぐらせているのです。

マッチ・コレクション/COFFEE HATSUNE (純喫茶 はつね) – 三宮神社前北側

マッチ・コレクション/COFFEE HATSUNE (純喫茶 はつね) - 三宮神社前北側 (1)
マッチ・コレクション/COFFEE HATSUNE (純喫茶 はつね) - 三宮神社前北側 (2)
マッチ・コレクション/COFFEE HATSUNE (純喫茶 はつね) - 三宮神社前北側 (3)
マッチ・コレクション/COFFEE HATSUNE (純喫茶 はつね) - 三宮神社前北側 (4)
マッチ・コレクション/COFFEE HATSUNE (純喫茶 はつね) - 三宮神社前北側 (5)

「三宮」という地名の由来にもなった三宮神社。現在、その西側は三宮トアロード南端となる。
“COFFEE HATSUNE (純喫茶 はつね)”のマッチ箱のひとつには”三宮神社北側”、もうひとつには”三宮神社前北側”とある。
おそらく神戸市電栄町本線「三宮神社前」電停(1971年3月廃止)の北側にあったのだと思う。
印刷されている市内局番は「3」と1桁。1965年頃の神戸市の市内局番はもう2桁になっているので、それより前ということになる。火災保険特殊地図か古い航空住宅地図を調べれば場所は特定できるのだと思う。

どちらのマッチ箱も素敵だけれど、個人的には経木のマッチ箱のほうに温かみを感じる。
残念だけれど、店名の由来もどんな店だったのかも僕にはわからない。
誰かの記憶の中にひっそりと残っているだろう。

マッチ・コレクション/グリル ミツヒサ(grill mitsuhisa) – 大阪

マッチ・コレクション/グリル ミツヒサ(grill mitsuhisa) - 大阪 (1)
マッチ・コレクション/グリル ミツヒサ(grill mitsuhisa) - 大阪 (2)
マッチ・コレクション/グリル ミツヒサ(grill mitsuhisa) - 大阪 (3)

マッチ箱に描かれているのはフライパンだと思う。
そのフライパンの中、片面には”GRILL”の文字、もう片面には上から「至・大阪駅」、「梅新」、「協和銀行」、「ミツヒサ」、「堂ビル」、「至・淀屋橋 ナンバ」と記された地図がある。

「協和銀行」は1991年に「協和埼玉銀行」となり、現在の「りそな銀行」へとつながる。
「堂ビル」とは「堂島ビルヂング」のこと。すると、南北の線路記号は地下鉄・御堂筋線ということになる。
2020年4月現在、「りそな銀行」は地図のこの場所にない。
「堂ビル」は1960(昭和35)年と1999(平成11)年に大規模な改修が行われている。

“大阪・堂ビル前 協和銀行西隣”にあった”グリル ミツヒサ(grill mitsuhisa)”のマッチ箱は僕が店を訪れて手にれたのではない。譲り受けたマッチの中に見つけた。
地図は今となっては役に立たないが、惹きつけるなにかがあって、気になっていたマッチ箱である。