カテゴリー
雑文

幻想の終止符

幻想の終止符

僕の妻は子供の頃、立ち上がることも困難なほどの高い熱を出して横になっていたときに枕元でこびとたちを見たことがあるという。
僕はこびとも天使も妖精も見たことがない。

もし、天使にも妖精にも羽があるなら、白く爆発を起こした夏の光の下で、木々の葉が疲れ果ててむかえた夏の星座の下で、その存在をを気づかれないよう、息づかいをおさえて、その羽を休める場所が必要だろう。

「幻想の終止符」への2件の返信

小人さんて、本当にいるんでしょうか・・妖精とか・・。
居ないとも言い切れないですよね。
個人的には、いるような気がしてます:D

いいね

Nasuko さま、こんばんは。

僕は白衣の天使には出会ったことがあります(笑)
こびとも天使も妖精もいたら素敵だなと思っています。でも個人的には会う機会はなさそうです。

いいね: 1人

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください