カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文 映画/展示/講演会

マッチ・コレクション/アルサロ喫茶の始祖「明日では遅すぎる」 – 銀座8 天国裏

マッチ・コレクション/アルサロ喫茶の始祖「明日では遅すぎる」 - 銀座8 天国裏 (1)

マッチ・コレクション/アルサロ喫茶の始祖「明日では遅すぎる」 - 銀座8 天国裏 (2)

マッチ・コレクション/アルサロ喫茶の始祖「明日では遅すぎる」 - 銀座8 天国裏 (3)

マッチ・コレクション/アルサロ喫茶の始祖「明日では遅すぎる」 - 銀座8 天国裏 (4)

「明日では遅すぎる」というアルバイトサロンは1950年代半ばに関西資本によって銀座8丁目につくられた店だったそうです。
“アルサロ喫茶の始祖”であったのかどうか僕にはわかりませんが – そういうことはアルバイトサロンを調査・研究しているかたにお任せします -、経木のマッチに貼られたラベルにはそのように書いてあります。

僕は1952年に日本で公開されたイタリア映画「明日では遅すぎる(原題:Domani e Troppo Tardi)」を観たことはありませんが、その映画のタイトルを店名に用いたのかもしれませんね。沢田研二の1975年5月21発売のシングル「巴里にひとり」のB面に収録されていた「明日では遅すぎる」ではないと思います。

経木のマッチ箱の側面には「天国裏」とあります。
「天国」については別に機会に触れることにしましょう。
裏面は「ASUDEWA OSOSUGIRU」と印刷してあり、この面には少しメモを書くことができるスペースが設けられています。
小さい文字を書くのが得意ではない僕には充分ではない大きさです。この大きさにメモ書きをするとあとで読み返しても何を書いたのか悩まなくてはならないでしょう。

マッチラベル表面のイラストがどのような意味を持つのかはわかりませんが、目を引くことは確かですね。たるみ燐寸博物館として譲り受けたこのマッチ箱のひとつです。
冷房を入れる必要がないほど、涼しい今日の垂水。2017年8月の最終日となりましたね。

カテゴリー
モノ 雑文

緑色のバッタは赤くなったミニトマトの上でなにを思うのか?

緑色のバッタは赤くなったミニトマトの上でなにを思うのか?

まずは外出することにして、背負ったカバンが重くて、何度も地球の中心に向かって引きつけられる力に屈するほうを選びたい気分で、途中で何度も家に帰りたい思いをなかったことにしたのは昨朝から続いているちょっとひどい頭痛のせいかもしれない。

カテゴリー
モノ 雑文

小学校1年生の夏休みのえにっき

小学校1年生の夏休みのえにっき

毎日描くのは得意じゃなかったけれど、僕は絵を描くのは好きだったんだと思う。
文章を書くことも毎日でなければ、嫌いではなかったのだと思う。
これは夏休みの「えにっき」で、僕が小学校1年生のときの夏休みの宿題だったのかもしれない。
4ページあるうちの1枚。

“8月15日
ぼくはうちのひととわしゅう1ごうでおかやまへいきました。いくらのしょうにゅうどうへいっていわばかりのどうくつのなかにはいりました。なかにでんきがついていましたがおとうとはこわいこわいとなきましたがぼくはこわくなかったです。”

高度成長期の家族の典型的な夏休みのあり方だったのかもしれないけれど、小学生になったばかりの僕は深夜に列車に乗ることの意味なんて考えられなかったし、岡山・井倉洞という鍾乳洞で夏の暑さを忘れることにも興味がなかったことをしっかりと記憶してる。

その前もその後の何年か続いた夏休みの家族旅行がとても煩わしい存在だった。