カテゴリー
モノ 雑文

出席番号

出席番号

笠原メイさんは青豆雅美さんより後ろの出席番号になり、オカダトオルくんはワタヤノボルくんより前の出席番号を割り当てられる。

幼稚園では生まれ順だったと思う。
小学校から高校までは男女別で五十音順だったと思う。
今はどうなんだろう。

1年ごとに番号の変動はいくらかあったわけだけれど、そんな番号と名前で紐付けられてきた僕の何年間かが存在し、今は別の番号で管理されようとしている。

僕が入学した高校では剣道が必修科目だった。
その時の出席番号が何番だったのか忘れてしまったのだけれど、出席番号順では僕は後ろの番号の同級生と練習と試合したことになるから僕は奇数の番号を割り当てられていたのだと思う。
「僕の出席番号プラス1」くんは幼い頃から剣道を習っていて高校でも剣道部に入っていた。
練習では手を抜いてくれても、試合になると最小限の動きで竹刀が僕の頭を打つ。それってかなり痛い。
僕が高校2年生の春に転校するのはそれがいやだったわけではない。

転校先の高校は柔道が必修科目だった。
出席番号順ではなく体重別だったけれど、見るからに新しい柔道着をまとった僕が数分だけ受け身のやり方を教えてもらったあとに、1年間余分に練習を積んできた同級生と最初の授業から技を掛け合い、試合をするわけだから、それってかなり痛い。