カテゴリー
雑文

夜の攻撃。

夜の攻撃。

午前中いっぱいの母の口撃を僕は確実に聞き流したんだと自分に言い聞かせ、仕事に向かう。
仕事を終えて家にたどり着いた直後から始まった母の口撃も僕は受け止めないように試みる。
でも夜の花粉の攻撃は容赦がなくて、僕はティシュ・ペーパーと同盟を結んで喉の奥のかゆみとくしゃみと鼻の不快感に抵抗する。

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください