カテゴリー

最後の一冊「カート・ヴォネガット/国のない男」


最後の一冊「カート・ヴォネガット/国のない男」カート・ヴォネガットの晩年のエッセイ集「国のない男」。この本がヴォネガットの作品の入門書になるはずもないし、アイロニーと優しさと愛のあふれたスラップスティックな他の作品は決して読みやすいわけでもない。
「カート・ヴォネガットって誰?」という声が聞こえてきそう。

広告

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください