カテゴリー
雑文

くどくどとやって来る。

ドアを激しく叩く音がするので、そのドアを仕方なく開くと、余分な説明が不要なくらい塞がる気持ちがやって来て、僕はうっかりと立ち話をしてしまいました。
皆さんの明日が(月曜日だけれど)素敵な一日であることをお祈り致します。
おやすみなさい。いい夢を。

広告
カテゴリー
雑文

てくてくと歩く。

今日の夕刻、垂水の漁港を影のように歩いた。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

メカニズムサロン「コスモポリタン」 – 東京・上野広小路

メカニズムサロン「コスモポリタン」 - 東京・上野広小路 (1)
メカニズムサロン「コスモポリタン」 - 東京・上野広小路 (2)
メカニズムサロン「コスモポリタン」 - 東京・上野広小路 (1)
メカニズムサロン「コスモポリタン」 - 東京・上野広小路 (1)

表;
“完全ノーチップ制
絶対安い!
御一人様セット
250円
ビール・おつまみ
サービス料税共”
裏;
“素晴らしい人気の
鬼敏剛とトップハット
寺部震とココナツアイランダース”

2017年12月22日に”マッチ・コレクション/アルサロセンター、メカニズムサロン「コスモポリタン」“として「ボックス型マッチ箱」についてまとめたので、今回は「ブックマッチ編」となります。

鬼敏剛は1960年代にポリドールかレコードを数枚リリースしているサックスプレーヤー。第2次世界大戦敗戦直後の活躍したのだと思います。コンボというバンドを率いていたようです。
ココナツアイランダースはハワイアン・グループ。寺部震はそのバンドリーダーです。

「メカニズムサロン」とは大がかりな音響・舞台装置が設置されたキャバレー、ダンスホールみたいなところだったのでしょうね。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

パウゼ(PAUSE) – 大阪・北区堂島浜2 古河浜通ビル1F

パウゼ - 大阪・北区堂島浜2 古河浜通ビル1F (1)
パウゼ(PAUSE) - 大阪・北区堂島浜2 古河浜通ビル1F (2)
パウゼ(PAUSE) - 大阪・北区堂島浜2 古河浜通ビル1F (1)

“たしかめあう このひととき。”
“じぶんを みつける このひととき。”

素敵なイラストが印刷されたマッチ箱です。

大阪・北区堂島浜2 古河浜通ビル1Fにあった”パウゼ(PAUSE)”はドライカレーをべースにカツととろとろの玉子とデミグラスソースの「トルコライス」で有名だったそうです。

入居するビルの閉鎖に伴い2022年4月20日をもって閉店。48年の歴史だったそうです。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

喫茶ジャニー – 京都

喫茶ジャニー - 京都 (1)
喫茶ジャニー - 京都 (3)
喫茶ジャニー - 京都 (1)

“’80年代初頭に一世風靡した「ノーパン喫茶」、全盛期には何と千店を超えたと聞いたことがある。(みうらじゅん「人生エロエロ」収録の「ノーモア・パンティ!」、2014年、文藝春秋)”

“「大阪まで行くん?」と、面倒臭そうに聞き返すと友人は「アホか、おまえ。ノーパン喫茶のルーツは京都なんやぞと得意げに話し始めた。(同上)”

“どうやらあべのスキャンダルより2、3年前に京都下鴨神社の近くに出来た『ジャーニ 』という店が最初で、友人曰く「でも、そこはまだパンチラ程度」のものだったらしい。(同上)”

“ジャニー(ジャーニ、ジャーニー)”は1978年のオープンとされています。
ブックマッチにおよその地図はありますが、住所も電話番号も印刷されていません。1本だけ紙軸のマッチ棒が使われています。

「人生エロエロ」に収録された「ノーモア・パンティ!」には”モンローウォーク”も登場しますがそのマッチは2017年11月10日に”マッチ・コレクション/モンローウォーク(京都・衣笠総門町)“としてまとめています。

「ノーパン喫茶」は露出度を過激にしながら、1981年、1982年頃に最盛期を迎え、1984(昭和59)年の風営法改正に伴い、営業形態としての「ノーパン喫茶」は消滅したそうです。