代金引換で発送させていただきました商品を長期不在を理由に受取拒否をするお客さまへ。

代金引換で発送させていただきました商品を長期不在を理由に受取拒否をするお客さまへ。

過去に1度、店舗にて来店にいただき、注文を承ったお客さまの中に、代金を頂いていないにも関わらず「金を払ったのに、おまえの店、代引きで送ってきたんやけど、どういうことや」と電話をかけてきたかたがいらっしゃいます。
「申し訳ございません。領収書と注文のお控えをお渡ししておりますので、確認のため領収書番号とご注文のお控えの支払い方法欄をご覧ください」とお答えしたところ、「そんなん、なくしてしもた。ちょっとXXXまで出てきてくれへんか? 出るとこに出てもええんやで」
「”出るとこ”とはどこのことでしょう?」と僕は電話口で訊きます。まあだいたいここまでは冷静。
「”出るとこ”は”出るとこ”や。”出るとこ”の意味もわからんのか?」と彼。
「ご迷惑をおかけしました。お客さまにもお勤めのヘアサロンさまにも影響が出たことでしょうから、お客さまのヘアサロンのオーナーさまにも謝罪にしたいと思います」と僕は言い返します。
「そんなことちゃうねん。俺がゆうたところに出てきたらええんや」と彼。
こうなるとかなり動揺して震えますね。ごちゃごちゃとややこしくなりそうなので、そのままいろんな手続きをして、損失をかかえたことがあります。

さて、注文を受けて工房にて製作してもらって、先月末から今月初めに代金引換で発送した商品を長期不在を理由に受取拒否をなさっているお客さまがいらっしゃいます。
規模の小さな僕の店でこれが3件も続くとかなりつらいです。
梱包資材や処理に費やす時間など店の負担も大きいですね。今月はまだ売り上げがないってことです。
商品をお届けするヤマト運輸の配達員にも申し訳なく思います。
今年の夏は高温です。天候も乱れます。お客さまは熱中症などでおからだの具合が悪くなったのでしょうか?

今のところ「当店では正当な理由がなく、代引受取拒否・長期不在・保管期限切れなどの事由により返送されてきた場合には、往復送料・代引き手数料・梱包資材料をご請求させていただきます」といった文言は明記していません。

こちらから発送のご案内をメール、SMS、お電話で差し上げても、どうして折り返しご連絡をいただけないのでしょうか?
僕はあなたを信用しています。

広告

マッチ・コレクション/すし「ごん兵衛」- 神戸・元町

マッチ・コレクション/すし「ごん兵衛」- 神戸・元町 (1)

マッチ・コレクション/すし「ごん兵衛」- 神戸・元町 (2)

マッチ・コレクション/すし「ごん兵衛」- 神戸・元町 (3)

この場合の「すし」は「鮨」「寿司」「寿し」「鮓」のいずれかちょっとわからない。「神戸っ子 1961年5月号」に”日本一うまい神戸の寿司”という特集が組まれていて、神戸・三宮、元町近辺のすし屋が紹介されています。その中に「権兵衛寿し」と載っているのを見つけました。
神戸っ子出版事業部(服部プロセス株式会社)様より快く引用の許可を頂いたので、そこから一部引用しながらまとめてみます。

“国鉄元町駅東口高架沿い西へ4軒目を入って2軒目”。”江戸風にぎり。酒類なし。お客さんの注文に応じ、左手に「ネタ」を置き右手で「シャリ」をつかんでパッとにぎり、返す手でヒラリとカウンターの上に並べる、このにぎり方は「一発にぎり」といい、手のぬくもりをすしに伝えないのが特徴”、”1個10円、特別注文は受けません。10円ずしで気に入らない方は他店で召し上がってください。”

「神戸っ子 1961年5月号」に載った時点で”新開地で6年、元町へ来て5年”とあるので、1950年ごろに新開地で創業したんですね。「ごん兵衛」はもうありませんが、誰かの心の中で今も店は存在しているのだと思います。
譲り受けたマッチで、僕は「ごん兵衛」に行ったことはないのですが、このマッチラベルのデザインを僕は気に入っています。

温かさの乾電池

温かさの乾電池 (1)

温かさの乾電池 (2)

須磨寺に行くとお墓のあり方も時代と共に変わってきたことを実感します。
今日は妻と3人の子供と一緒に午前中に須磨寺へ墓参り。そしてそのまま午後から5人で神戸ハーバーランドへ映画を観に行ってきました。
19時少し前に家に帰り着き、玄関を開けると映画館並みの音量が耳を圧迫します。「少し音量を下げてもらえますか?」と穏やかに僕は母に伝えます。心持ち音量は下がりますが、それでもまだ大きい音が子供たちにも妻にも僕にも向かってきます。
耳が悪くなるという理由で、母は昔からイヤフォンにもヘッドフォンにも好意的ではありません。
僕は過敏というわけではありませんが、音と気配には敏感なんです。温かさという乾電池があるとすれば、いつか僕の化学反応は起きなくなっていくのだと思います。

マッチ・コレクション/東月 (神戸・月見山)

マッチ・コレクション/東月 (神戸・月見山) -1-

マッチ・コレクション/東月 (神戸・月見山) -2-

マッチ・コレクション/東月 (神戸・月見山) -3-

「とうげつ」と読むのか「とうつき」なのか「ひがしつき」なのか、「がっとう」と読むのか「がつとう」なのか「げっとう」か「つきとう」かわからないし、「神企組合」のこともさっぱりわからない。
「東月」は月見山神戸銀行西二軒目にあった丼物・麺類・喫茶の店だったようです。神戸銀行とは現在の三井住友銀行ですね。
月見山については2017年4月12日のblog”須磨・月見山 太陽神戸銀行角「丸島屋酒店・月見園」のマッチ“で長々と書いてしまったのでピョンピョンと飛ばしてしまいます。
「東月」は「アイスクリームパーラー」としてソフトクリームも販売していたのでしょう。2018年8月8日、途中下車した山陽電鉄「月見山」駅とそこから幅の狭い道を南に下ったところにある三井住友銀行周辺の写真とソフトクリームのイラストが描かれたマッチラベルを2018年の暑い夏に残していきます。

火曜日と反作用

火曜日と反作用

どうして「ゾウ」だと思ってしまったんだろう。度を超えた音量のテレビが「地上最大の哺乳類が打ち上げられた」と伝える。
「ゾウ」を宇宙に送り出すことができる時代になったのか、と僕は思う。
打ち上げられたのはクジラだ。宇宙ではなく由比ガ浜に。
衰弱したクジラが海辺に流れ着く場面が出てくる小説を読んだことがある。ジェイ・マキナニーの「空から光が降りてくる」だったと思う。