alligator/Of Monsters and Men

2019年5月くらいからだと思う。
自宅では「Dash Radio – Dash Alternative」という音楽配信サイトで曲を流しっぱなしってことがある。
6月から7月のヘヴィー・ローテーションだったのか、よく聴いたのが Of Monsters and Me(オブ・モンスターズ・アンド・メン) の”alligator”だった。

僕の店舗の名前とちょっと重なるところがあるからっていうわけじゃないけれど、なんだか久し振りにすごい曲を聴いた、って感じだった。
ドラムの刻むリズムと”I lose control”、”I take control”と歌うところが妙に癖になる。
オリジナル・アルバムとして2019年7月にリリースされた”Fever Dream”の1曲目に収録されている。

“alligator performed by Of Monsters and Men”

Lyric Video版はこちらです。

広告

マッチ・コレクション/首都美化デー

マッチ・コレクション/首都美化デー 毎月十日

昨夜、1962年12月と「東京オリンピック」開催前の1964年の東京へ行ってきた。

「高度経済成長」の中に取り残されていたのは、国民の公衆道徳だった。
街にはゴミがあふれ、川は悪臭で満ちていた。
経済は成長したが、ほとんどの国民にはゆとりがなく、モラルなどに気を遣う生活はまだまだ遠いところにあったため、1964年、日本は国策として「東京オリンピック」に向けた町の美化・改変をすすめ始めていく。

1962年12月に東京都の主催で「毎月10日を”首都美化デー”とする」ことが決定し、河川浄化、ゴミ対策、吸い殻対策、道路不法占拠対策、公衆トイレの改良の必要性が説かれた。
結果として、不要となった川は埋め立てらることになる。

そして、これらの「美化・マナー向上」を国家による行動統制ととらえ、「過激なナショナリズム」、「自国の文化・文化的アイデンティティの消失」と憂いた文芸評論家・英文学者・芸術家もいて、東京から – 一時的にしろ – 離れた、ということを僕は今日はじめて知った。

今朝、僕はそんな1962年から”中央区美化推進協議会・東京をきれいにしましょう・首都美化デー毎月十日・吸いがらは吸いがら入れに”と印刷されたマッチ箱を持ち帰ってきた。持ち帰ったことにより過去を改変したとすれば申し訳ない。

今日は2019年8月10日。
1964年の東京は本当に輝いていたのだろうか、と僕は思う。

マッチ・コレクション/富士アイス

マッチ・コレクション/富士アイス (1)
マッチ・コレクション/富士アイス (2)
マッチ・コレクション/富士アイス (3)
マッチ・コレクション/富士アイス (4)

暦の上では昨日、「秋」となりましたが、最高気温の更新が続きそうな勢いの2019年の8月です。
冷たいアイスクリームがうれしいですね。

そんなわけで、今年の夏、たるみ燐寸博物館では経木のマッチ箱から剥がした「冨士アイス」のマッチラベルと経木のマッチ箱を展示しています。
マッチラベルには雲を下に従えた富士山(?)をスプーンですくう図案がありますが、このデザインは昭和9年頃に商標登録されたそうです。

「冨士アイスクリーム」の前身となる「冨士食料品工業」は1920(大正9)年にアイスクリーム製造を開始した会社です。
「富士アイス」は「冨士アイスクリーム」の直営喫茶・食堂・菓子舗として、有楽町、東京駅、日本橋、数寄屋橋など駅を中心に展開されました。そして、「冨士乳業株式会社」を経て、 現在の「冨士森永乳業株式会社」へとつながっていきます。

マッチ・コレクション/JAPAN INTERNATIONAL TRADE FAIR OSAKA (日本国際見本市 大阪)

マッチ・コレクション/JAPAN INTERNATIONAL TRADE FAIR OSAKA (日本国際見本市 大阪) -1-
マッチ・コレクション/JAPAN INTERNATIONAL TRADE FAIR OSAKA (日本国際見本市 大阪) -2-

日本語を使った表記はどこにもないので、海外向けに作られたマッチなのかもしれません。

1954年4月8日から4月22日まで大阪で「第1回日本国際見本市(JAPAN INTERNATIONAL TRADE FAIR)」が開催されました。
第1会場は”大阪市東区内本町の「国際見本市会館」、第2会場は「大阪市港区八幡町公園一帯”という資料をwebで見つけのですが、マッチラベルにある”INTERNATIONAL FAIR HOTEL”が謎でした。

今日改めて、webを検索し直したところ、描かれている建物が「大阪コクサイホテル」の外観と同じであることに気がついたのです。ホテルは1951年開業し、1999年閉鎖されています。
そんなわけで、マッチラベルには「国際見本市会館」が描かれているのではなく、「大阪コクサイホテル」そのものが「国際見本市」の会場として使われたと都合よく解釈している僕です。間違っていたら申し訳ありません。

さて、マッチラベルに描かれている”Cuisine”という単語。
今回、その意味を恥ずかしながら、そして遅ればせながら知りました。