カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/Coffee YATARO – ヤタロー (浜松・有楽街、鍛冶町)

マッチ・コレクション/Coffee YATARO - ヤタロー (浜松・有楽街、鍛冶町) -1-
マッチ・コレクション/Coffee YATARO - ヤタロー (浜松・有楽街、鍛冶町) -2-

工夫の凝らされたデザインが気になっていました。
おそらく、静岡県浜松市東区に本部(本社)を置く「ヤタローグループ」がその歴史の中で宣伝用に作った経木のマッチ箱に貼ってあったのだと思います。

公式サイトの「沿革」によると設立は1948(昭和23)年ですが、創業は1933(昭和8)年の「中村時商店」に遡るそうです。
“有楽街”、”鍛冶町”は浜松市中区。浜松をよく知る人にはどれも説明の必要のないことですね。

僕は幼少期に両親に連れられて、観光で訪れたことがあるようです。
そして、もう何年も前の話ですが、浜松は出張でよく訪れた場所でもあります。

一層のご隆盛をお祈りいたします。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/高級配合珈琲「ういんな」 – 静岡・七間町

マッチ・コレクション/高級配合珈琲「ういんな」 - 静岡・七間町 (1)
マッチ・コレクション/高級配合珈琲「ういんな」 - 静岡・七間町 (2)
マッチ・コレクション/高級配合珈琲「ういんな」 - 静岡・七間町 (3)


かつて静岡・七間町(しちけんちょう)にあった喫茶店”維也納(ういんな)”の創業は1951年。
多くの学識者が集まる店だったそうです。閉業時期は不明ですが、現在はビルとしてその名前が残っているようです。
たるみ燐寸博物館が所蔵するマッチ箱は経木製で、片面は”ウインナ”と”COFFEE”の文字が躍り、もう片面は”ういんな”の「う」の右上に”1954″、マッチ箱の背の部分には”高級配合珈琲「ういんな」 | しずおか”と細く描かれています(撮影のために手持ちのマッチ棒を使用している)。

静岡文化情報誌「しすおかイベントニュース 2014.3」に「街角」という「静岡市内の様々な地域をクローズアップしてお届けする」コラムがあって、”かつて「静岡市(現・葵区)七間町にあった「珈琲店 維也納(ういんな)」の芹沢銈介デザインのマッチ箱”というキャプションとともにマッチ箱が載っていました。
たるみ燐寸博物館が所蔵する”ういんな”のマッチ箱とはデザインは異なり、また、その写真では片面と背の部分しか確認できませんが、背の部分(側面)には”日本で著名な珈琲店 維也納(ういんな)”と印刷されています。

おそらく、このマッチ箱のデザインも芹沢銈介(せりざわけいすけ)が手掛けたのだ僕は思っているのです。

blog内、全て敬称略です。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/野天風呂と伊豆長岡温泉「白石館」 – 伊豆長岡温泉

マッチ・コレクション/野天風呂と伊豆長岡温泉「白石館」 - 伊豆長岡温泉 (1)
マッチ・コレクション/野天風呂と冷暖房大新館 伊豆長岡温泉「白石館」 - 伊豆長岡温泉 (2)
マッチ・コレクション/野天風呂と冷暖房大新館 伊豆長岡温泉「白石館」 - 伊豆長岡温泉 (3)

マッチ箱はかなり古い経木のマッチ箱によくみられる「両側とも側薬タイプ」なので、古くは経木のマッチ箱だったのかもしれません。

伊豆長岡温泉とは、長岡地区に所在する「古奈(こな)温泉」と「長岡温泉」の総称です。
「白石館」は戦前からある有名な旅館だったそうですが、1970年代に隣接する旧三菱財閥・岩崎家の別邸「三養荘」の一部となって「白石館」の名は消滅したようです。現在、「三養荘」は「プリンスホテル&リゾーツ」が運営する旅館です。

さて、東京学芸大学地理学分野内「歴史地理学会」にアーカイブ化されて残されている「中伊豆の修善寺・伊豆長岡の場合」に収録されている1967年の「伊豆長岡における土地所有形態」地図によると、”白石館”は「古奈温泉」にあった地元資本の旅館だったようです。

同資料に”伊豆長岡は第2次世界大戦後の新しい観光旅行形態に対応すべく、1962年に建設費2億円をかけて全長1800メートルのロープウェイを建設した”とありました。このロープウェイは今も「伊豆の国パノラマパークロープウェイ」として葛城山の山麓と山頂を往き来しています。

僕は「冬という季節」の中の温泉が好きです。