カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

レストラン横浜会舘(横浜・馬車道)

レストラン横浜会舘(横浜・馬車道) -1-
レストラン横浜会舘(横浜・馬車道) -1-

外国人居留地が置かれ、海外文化の玄関口とされている横浜・馬車道。
“横浜会館”をweb検索すると「横浜東宝会館」にたどり着いてしまいますが、たぶんそこではないと思うのです。
手掛りは”BASHAMICHI”と電話番号。

馬車道にあって、3階建てで、屋上に塔のようなモノを備えたビルはどこなのでしょう。マッチ箱の側面には”RESTAURANT”と”お食事に・ご会合に”と印刷されています。
ここに残せばだれかが答えてくれると思っています。

“レストラン横浜会舘”には異国の味を求めて多くの外国人が訪れたのではないかと思っています。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/葉山海岸 旅館「葉山舘」 (神奈川)

近くに泳げる場所ありますか。
確か、お盆明けくらいに海水浴シーズンがほぼ終わると記憶している。まあ、お盆の始まりが場所によって異なっているはずのなのだけれど。
さて、これは神奈川県の西部にある葉山町にかつて存在した旅館「葉山館」のマッチラベル。現在、確認作業中。
描かれているのは「森戸神社」でしょうか。

そんな作業をしているうちに今年の海水浴シーズンが終わってしまいそうなので、今日はここまで。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/ニッパツのバネ

“NHK”といっても「日本放送協会」ではなく「日本発条株式会社」のことです。
「日本発条株式会社(ニッパツ) – NHK SPRING CO.,LTD.」は神奈川県横浜市金沢区に本社を置く世界トップのばねメーカーで、”NHK”という名称(商標)については「ニッパツ」がwebで公開している「月刊ニッパツ」の”vol.1 日本放送協会より古い「NHK」があった!”に詳しく書かれています。
簡単にまとめると「ニッパツ」が”NHK”の商標使用を開始したのは1939(昭和14)年9月、「日本放送協会」が”NHK”の呼び方を使い始めたのは1946年3月。「ニッパツ」は「日本放送協会」からへの使用許可を快く承諾したという経緯があるそうです。

同”vol.11 日本を代表するマンガ家が描いたニッパツ”では横山隆一が描いた「デンスケ」が新聞広告やマッチ箱などに使用されたとあり、このデザインのマッチ箱が載っています。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/鎌倉風月堂 フランス風ビスケット千羽鶴サブレー

マッチ・コレクション/鎌倉風月堂 フランス風ビスケット千羽鶴サブレー (1)

僕は川端康成の長編小説「千羽鶴」を読んだことはありません。

かつて神奈川県鎌倉市の由比ガ浜大通りあった”鎌倉風月堂”という洋菓子店・喫茶店は1932(昭和7)年に東京の風月堂の支店として創業、2000(平成12)年ごろに閉業したようです。
マッチ箱から想像するに”千羽鶴サブレー”という”フランス風ビスケット”が有名だったのでしょう。

マッチ箱では”由比ガ浜”と”鎌倉駅前”の各支店、直営店として”逗子”に「ぼんそれいゆ」があったことがわかりますが、1966年5月28日に鎌倉市中央公民館で行われた「鎌倉交響楽団 第7回定期演奏会」のプログラムには”鎌倉風月堂”には”由比ガ浜”と”鎌倉駅前”と”江の電藤沢駅構内”に店舗があったことを表す広告が載っていました。

このマッチ箱の片隅には”歌舞伎シリーズNO8「汐汲」”と印刷されています。これは「しおくみ」と読み、日本舞踊や歌舞伎の演目として有名だそうです。

さて、このマッチ。シリーズとしていくつか存在するのでしょうか。たるみ燐寸博物館では他に見かけたことはありません。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/ハンプティの唄が聞こえる田園料理「Humpty Dumpty ワカタケ」 – 藤沢駅北口サンパール さいかや8F

マッチ・コレクション/ハンプティの唄が聞こえる田園料理「Humpty Dumpty ワカタケ」 - 藤沢駅北口サンパール さいかや8F (1)
マッチ・コレクション/ハンプティの唄が聞こえる田園料理「Humpty Dumpty ワカタケ」 - 藤沢駅北口サンパール さいかや8F (1)
マッチ・コレクション/ハンプティの唄が聞こえる田園料理「Humpty Dumpty ワカタケ」 - 藤沢駅北口サンパール さいかや8F (1)

2020年5月9日に神奈川県藤沢市にある「さいか屋」について”マッチ・コレクション/焼肉レストラン「びっくりビーフ」 (藤沢・さいか屋8F)“として触れる機会があったのですが、ブックマッチのオモテ面に描かれた肉好きの良い料理長の姿に惹かれて”Humpty Dumpty ワカタケ”を調べ始めたのだけれど、ある企業に繋がりそうな気もしながら、必ずしもそうであるというなにかを見つけることはできなかったし、もう”Humpty Dumpty ワカタケ”はさいか屋に店を構えていなくて、かわりに、JR「藤沢」駅3番線の発車メロディにイギリスで古くから伝わる童謡「Humpty Dumpty(ハンプティ・ダンプティ)」が使われていることに僕はたどり着いたのです。