カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/冷房完備+凉味満点「カリオカクラブ」「南蛮」 – 東京・銀座

マッチ・コレクション/冷房完備+凉味満点「カリオカクラブ」「南蛮」 - 東京・銀座

これは東京・銀座5丁目に本社を構える「株式会社カリオカ(carioca)」のマッチラベルのようです。
創業は1933(昭和8)年、東京・銀座6丁目に茶房「南蛮」として創業したそうです。
公式サイトの「cariocaの歴史」の中に「カリオカ」の名前がてくるのは1960年11月。銀座並木通り。
銀座5丁目にあったとされる「カリオカクラブ」については書かれていません。
末長く愛され、一層のご隆盛をお祈りいたします。

さて、なかなか素敵な絵のマッチラベルだと思いませんか。

“冷房完備+凉味満点”
「凉」は「さんずい」の「涼」ではなく、「にすい」の「凉」。

「暖房完備」と印刷されたマッチラベルを僕はあまり見かけたことがありません。

それは「暖める」ことと「冷やす」ことのとどちらが大変だったのかということではなく、1960年頃に冷房と暖房の機能が合わさった空調設備が誕生し、1965年には「ル一ムクーラー」が「ルームエアコン」へと名称が変更され一般家庭に普及していくまで、かつてはその名前の通り「冷やす」機能しかなかったから、という理由だと思うのです。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/バーブリーエ

「バー ブリーエ」なのか「バーブ リーエ」なのか「バーブリー エ」なのか。

場所はたぶん東京・銀座。
1942(昭和17)年の「東京中央電話局 電話番号簿」では「渋谷46」「銀座57」「茅場町66」「墨田74」だから(それだけが理由ではないけれど)。

時はおそらく第2次世界大戦後の「昭和」という時代のどこか。

“崑”というサインから、このマッチ箱のラベルを手掛けたのは漫画家の清水崑(1912年9月22日 – 1974年3月27日)だと思う。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/Bar Eris(バー エリス) – 新宿東口駅前富士銀行裏

マッチ・コレクション/Bar Eris(バー エリス) - 新宿東口駅前富士銀行裏

“Bar Eris(バー エリス)”は過去の写真から天文学者チームによって見つけられたわけではなく、たるみ燐寸博物館に寄贈された1950年代から1960年代の広告マッチ箱が混沌と詰め込まれた古いダンボール箱の中から発見された。
「富士銀行」は現在の「みずほ銀行」。
僕には片面の7つの点を結んだ絵がどうしても女性の胸元に見えてしまう。
まずは最初にこのマッチを手に入れた人に乾杯しよう。

さて、僕は2018年12月2日の夜遅く、新宿にいた。
「新宿バスタ」の場所を確認して、新宿駅東口へ移動し、いくつか写真を撮って、急ぎ足で「新宿バスタ」に戻った。
“Bar Eris(バー エリス)”を探しに行ったわけではない。

夜になるとビルの灯りも消えて、「新宿」駅は方向がわかりにくい、と僕は思う。
新宿東口駅前広場は2020年7月19日にリニューアル・オープンしたのですか。そして、2021年7月7日、駅ビルの建替えに伴う更なる新宿駅「再構築」工事が発表されていますが、それは本当ですか。