カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/こういうことは法律で禁止されました – 京都府選挙管理委員会

マッチ・コレクション/こういうことは法律で禁止されました - 京都府選挙管理委員会 (1)
マッチ・コレクション/こういうことは法律で禁止されました - 京都府選挙管理委員会 (3)

“こういうことは法律で禁止されました”

いったい何が禁止されたかというと、選挙における”お祭りなどの寄付・お酒”、”結婚のお祝い金やお祝い品”、”出産・入学・卒業のお祝い金やお祝い品”です。

調べてみたところ、「公職選挙法」が公布されたのは1950(昭和25)年で、現職の政治家や候補者、立候補予定者による寄附の禁止は1954年の「公職選挙法改正」だと思いますが、そこは専門家にお任せします。その後も「公職選挙法」は何度か改正されてきているようです。

“こういうこと”がごく当たり前に許されていた時代が、そして、そういった行為が禁止されたことを伝えるために、マッチにその役割と効果を期待できる時代が過去にあったということだと思います。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文 音楽

マッチ・コレクション/The Street Sliders NEW SINGLE “FEEL SO SAD”とNEW ALBUM “WRECKAGE”のリリース告知マッチ

マッチ・コレクション/The Street Sliders NEW SINGLE "FEEL SO SAD"とNEW ALBUM "WRECKAGE"の発売記念マッチ (1)
マッチ・コレクション/The Street Sliders NEW SINGLE "FEEL SO SAD"とNEW ALBUM "WRECKAGE"のリリース告知マッチ (2)
マッチ・コレクション/The Street Sliders NEW SINGLE "FEEL SO SAD"とNEW ALBUM "WRECKAGE"のリリース告知マッチ (3)

2000年に解散した The Street Sliders(ザ・ストリート・スライダーズ) 、1995年リリースの18枚目シングル”FEEL SO SAD”と12枚目のアルバム”WRECKAGE”を記念して作られたマッチなのでしょう。側面に小さく”NOT FOR SALE”とあります。

ファンクラブ会員に向けて配られたのかもしれないし、レコード・CDショップか、ライブ会場で配られたのかもしれない。詳しいことは僕にはわからない。

僕は The Street Sliders の熱心な聴き手ではありませんでした。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/東京和菓子協会「今日も和菓子をマークの店で」

マッチ・コレクション/東京和菓子協会「今日も和菓子をマークの店で」 (3)

“今日も和菓子をマークの店で”、”和菓子 東京和菓子協会”

このマッチ箱には1950(昭和25)年に設立された”東京和菓子協会”が和生菓子業者のシンボルマークとして1961年に制定した「和菓子マーク」が印刷されています(現在は全国和菓子協会で用いられている)。

農林水産省「aff(あふ) 2020年2月号」の「特集2 和菓子」は
“和菓子は、日本の歴史や季節感から生まれた伝統文化であるとともに、それぞれの地域に根ざした食文化を表すものです”で始まります。

もう少し先の話ですが、6月16日は「和菓子の日」だそうですね。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文 映画/展示/講演会

マッチ・コレクション/東京・有楽町の「ビア・ホール ニューアサヒ」と東京・新宿の「クラブ トーキョー」

マッチ・コレクション/東京・有楽町の「ビア・ホール ニューアサヒ」と東京・新宿の「クラブ トーキョー」 (1)
マッチ・コレクション/東京・有楽町の「ビア・ホール ニューアサヒ」と東京・新宿の「クラブ トーキョー」 (2)

1950(昭和25)年、ビールジョッキの顔に、注がれたビールの泡のような髪をした「ほろにが君」は朝⽇⻨酒株式会社(現在のアサヒビール株式会社)に就職し、広報誌や屋外のネオン広告(ネオンサイン)に登場した。
彼には朝⽇⻨酒株式会社の清涼飲料水部門(現在のアサヒ飲料株式会社)に勤める三ツ⽮サイダーが大好きな「三ツ⽮嬢」という素敵なガールフレンドがいた。

のちに「ほろにが君」と「三ツ⽮嬢」は結婚し、1955年に朝⽇⻨酒株式会社に早期退職した。
その翌年にあたる1956年に「電通映画社」と「人形芸術プロダクション」によって「ほろにが君」が主人公を務める約12分の企業PR映画「ビールむかしむかし」が製作・公開されるなどとは思ってもいなかった。

このPR映画は「第2回 全日本PR映画コンクール通産大臣賞」最優秀作品・色彩部門第1位受賞、「キネマ旬報ベスト・テン文化映画」第9位、「教育短編映画ベストテン」第4位」(以上すべて1956年)を受賞している。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/田町名物「のみたや酒場」

マッチ・コレクション/田町名物「のみたや酒場」 (1)
マッチ・コレクション/田町名物「のみたや酒場」 (2)
マッチ・コレクション/田町名物「のみたや酒場」 (3)

“田町”という地名は日本全国に今でも多くあって、なにがどう名物なのかさっぱりわからない。
とにかく片面にはたぶんサトイモの葉なんだと思うのですが、それを傘にしたカッパが描かれている。

カッパが描かれたマッチ箱は過去にも取り上げたし(blog内を「カッパ」あるいは「かっぱ」で検索してください)、拙著「マッチ・ラベル 1950s-70s グラフィックス(2019年、グラフィック社)」にも載ってるのですが、清水崑と小島功が描いたカッパはよく知られているのかもしれないとしても、広告マッチにカッパが描かれることが多いのはどうしてなんだろう。

経木の箱に貼ってあるマッチラベルの劣化も進み、箱の状態を保てなくなりそうなので、形であるうちにここに残しておきます。