カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/Cova 電話喫茶コバ新橋店 + 音楽喫茶コバ横浜店

マッチ・コレクション/Cova 電話喫茶コバ新橋店 + 音楽喫茶コバ横浜店 (1)
マッチ・コレクション/Cova 電話喫茶コバ新橋店 + 音楽喫茶コバ横浜店 (2)
マッチ・コレクション/Cova 電話喫茶コバ新橋店 + 音楽喫茶コバ横浜店 (3)

”Cova(コバ)”の「新橋店」は「電話喫茶」で、「横浜店」は「音楽喫茶」。
前者は”東京都港区芝新橋”の住所が、後者には”横浜市中区吉田町”の住所がマッチ箱の背の部分に印刷されています。

「電話喫茶」とはテレフォンクラブ(テレクラ)のことではありません。
1955(昭和30)年頃、街なかには「赤電話」「青電話」といった公衆電話が登場し、1959年には喫茶店、アパート、病院などには「ピンク電話」の設置が広がります。
そんな時代、会社の外で電話を使いたいビジネスマンは公衆電話を使うか、店内・店先にある「ピンク電話」を利用したわけですが、非常に長い列をつくりながら順番を待たなければならなかったそうです。

そういった背景の中、交換台を設置し各テーブルに電話機を設置した、コーヒーを飲みながら電話ができる喫茶店が登場します。これが「電話喫茶」です。

電話喫茶・音楽喫茶”Cova”の”o”はコーヒー豆をデザイン化したものですね。
たるみ燐寸博物館には「600-A2(G)」という型番のダイヤル式電話機が置いてあるのですが、僕の娘も双子の息子たちも見たことがあっても、使い方がよくわからないといいます。
僕は今でもかつての実家の電話番号を指の動きとダイヤルが元の位置に戻る時間とともに覚えているのです。

2020年3月5日に書いた”マッチ・コレクション/荒田町には珍らしい店「リンタロー」 (神戸・兵庫)“も「電話喫茶」のようなスタイルのスナックだったのかもしれません。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル 雑文 映画/展示/講演会

トークイベント20190518「別世界Bar」、20190519「喫茶アオツキ」

トークイベント20190518「別世界Bar」、20190519「喫茶アオツキ」

子供たちの学校行事や実店舗でお買い上げいただいたシザーケースの出荷予定や健康診断など、いろんなスケジュールを確認していたら、Twitterでは告知済みの5月18日の「マッチ・ラベル 1950s-70s グラフィックス」発売トークイベントのことをblogとFacebookに書いていないことに気がつきました。

・別世界BAR 2019年5月18日(土)
大阪・四貫島(しかんじま)の「PORT」
20:00 START、入場料500円 + 1drink 別

以下は告知済みですが、再度、ご案内致します。

・ 喫茶アオツキ 2019年5月19日(日)
大阪・北堀江の「喫茶アオツキ」3階ギャラリスペース
18:30 OPEN、19:30 START、入場料1,000円、定員:40名

僕はいずれも山陽電鉄「垂水」駅から阪神なんば線を使って、「別世界BAR」へは「千鳥橋」駅を、「喫茶アオツキ」へは「桜川」駅を利用する予定です(たぶん帰りはその逆になると思う)。

5月18日(土)から6月2日(日)まで「喫茶アオツキ」3階ギャラリスペースにて開催されるマッチ箱展示「too much too match(出展:夢夢子(ヘア・サロン夢屋)、マツダトオル、宮本美和、金本武士、小野隆弘)」もよろしくお願いいたします。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/鮨の増田屋 (神戸・垂水)

マッチ・コレクション/鮨の増田屋 (神戸・垂水) -1-
マッチ・コレクション/鮨の増田屋 (神戸・垂水) -2-
マッチ・コレクション/鮨の増田屋 (神戸・垂水) -3-
マッチ・コレクション/鮨の増田屋 (神戸・垂水) -4-
マッチ・コレクション/鮨の増田屋 (神戸・垂水) -5-
マッチ・コレクション/鮨の増田屋 (神戸・垂水) -6-
マッチ・コレクション/鮨の増田屋 (神戸・垂水) -7-
マッチ・コレクション/鮨の増田屋 (神戸・垂水) -8-

「すし」を漢字で表わすと「寿司」と「鮨」と「鮓」がありますが、その違いについてはここでは触れません。
たるみ燐寸博物館に「増田屋」のマッチ箱がいくつかあります。リアルタイムで手に入れたもの、譲り受けたものといろいろです。

子どもの頃から、垂水の「すし屋」と言えば「増田屋」なのです。
僕は「本店」にも「平磯店」にも行ったことがありますが、最もよく覚えている「増田屋」は「垂水駅前店」です。
その「増田屋 垂水駅前店」は2017年3月26日に閉店しました。現在は「本店」と「平磯店」の2店舗が営業しています。

「本店・垂水駅前店・平磯店」の3店舗になる前は「本店・ショッピングセンター店(たるせん店)・センター店」という3店舗構成だったのだと思います。

「増田屋」に関しては2012年7月8日のblog”「増田屋」「雅」「たるせん・UCC上島コーヒー」「思いつき」/ノスタルジア(垂水・その1)“に軽く書いているのですが、今日は少し深く見ていきます。

母に連れられてよく行ったのが「増田屋 垂水駅前店」で、行くと母は必ず赤だしの味噌汁を注文しました。
母の料理のお陰で弟も僕も充分に味覚は発達していましたが、まだ子どもであった僕らには赤だしの味は馴染まないものでした。そんな思い出があります。

「平磯灯標」が印刷されているマッチ箱もあります。
「平磯灯標」については2012年7月16日のblog”国産第1号のセメントと垂水の灯台(平磯灯標)とウィリアム・サマセット・モーム”とコメントに書いたその補足を読んでいただければうれしいです。

引き出し部分に丸い穴が開いていて、箱を振ってそこからマッチ棒をくじ棒のように取り出す「おみくじマッチ」もありました。
頭薬と軸木の色の組み合わせがあって、ピンク色の頭薬と白い軸木は”大吉 ロマンは東より! 宴会は増田屋”、青色の頭薬と白い軸木は”中吉 思いがけない恋が…… 押しの一手”、白色の頭薬と赤い軸木は”小吉 無理するな 外泊控え”となっています。

「増田屋」のマッチ箱を見ていくと、「寿司」と「鮨」と「鮓」のどの漢字も使われていますね。