カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/輸入品を凌駕する国産最高のコスモス・ブランデー (COSMOS BRANDY)

マッチ・コレクション/輸入品を凌駕する国産最高のコスモス・ブランデー (COSMOS BRANDY) -1-
マッチ・コレクション/輸入品を凌駕する国産最高のコスモス・ブランデー (COSMOS BRANDY) -2-
マッチ・コレクション/輸入品を凌駕する国産最高のコスモス・ブランデー (COSMOS BRANDY) -3-

“輸入品を凌駕する国産最高のコスモス・ブランデー”と小さく印刷されています。

胸元に赤いコサージュかブローチを付け、”コスモス・ブランデー”を注いだブランデーグラスを片手に優雅な時を過ごす女性(?)が描かれています。

かつて、山梨県山梨市にワイン、焼酎、ブランデー、ウイスキー、ウォッカ等をつくる「太平醸造株式会社」という会社がありました。創業は1947(昭和22)年です。
1972年に社名を「サントネージュワイン」とし、その後、「アサヒグループホールディングス株式会社」の完全子会社となります。

その経緯についてはアサヒグループホールディングス株式会社公式サイト内の[ サントネージュワイン ]のページに書かれています(2021年7月16日現在)。

また、J-STAGEに登録されている”山梨のブドウ酒(山田 正一、日本釀造協會雜誌、1959年54巻1号、発行日: 1959/01/15)”に”コスモス・ブランデー”は「太平醸造株式会社」 がつくり、「明治屋」が販売しているという内容の資料があります。
経木のマッチ箱に貼ってあるラベルにもそのように印刷されていますね。
横浜には「太平グリル」という店を出していたそうです。

ブランデーを飲みたくなりますが、僕はもう優雅で上質で洗練された時間とは無縁なので、くっきりと冷え切った、たっぷりの水にレモンを搾った大きめのグラスを片手に今日はこれでおしまい、ということにします。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/遊覧ブトー狩の「勝果園」 – 山梨

マッチ・コレクション/遊覧ブトー狩の「勝果園」 - 山梨 (1)
マッチ・コレクション/遊覧ブトー狩の「勝果園」 - 山梨 (2)
マッチ・コレクション/遊覧ブトー狩の「勝果園」 - 山梨 (3)

ぶどう狩りのシーズンは7月から10月くらいですから、季節外れな話となってしまいますが、モルドワインで温まろうというシーズンでもあるということで押し通してしまいましょう。
ちょうど7年前の2014年1月27日に「深く個人的なモルドワインの作り方」というタイトルのblogを書いています。

“遊覧ブトー狩の「勝果園」”は”石和町長塚”にあった果樹園ということですが、”石和町”とは現在の山梨県笛吹市のことですね。「石和」の読み方は「いさわ」、「石和温泉」の「石和」です。
同じ山梨県には甲府市内に「勝果園」という果樹園があります。

たるみ燐寸博物館には同じマッチ箱が3つありますが、片面しか利用していないのも、側薬が両面にあるのも共に同じであることから、経木マッチ時代の名残だと思います。
薄い木でできたマッチ箱にラベルを貼るという作り方ではなく、厚い紙に直接印刷し、箱に組み立てたということです。

僕はワインに詳しくないのですが、フランスのワインに「Chablis Butteaux(シャブリ・ビュトー)」というワインがあるそうですね。
その「ビュトー」と「ぶどう」の言葉遊びなのか、「ぶどう」ではなく「ブトー」という表記となっています。
“Butteaux(butte)”にはもともと「孤立した周囲の切り立った丘」、「農園」という意味があります。