カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/Je t’aime Cafe(ジュテーム・カフェ) OSAKA 1987 – 芦屋川・阪急イングス・桜橋・新神戸オリエンタルホテル

マッチ・コレクション/Je t'aime Cafe(ジュテーム・カフェ) OSAKA 1987 - 芦屋川・阪急イングス・桜橋・新神戸オリエンタルホテル (1)
マッチ・コレクション/Je t'aime Cafe(ジュテーム・カフェ) OSAKA 1987 - 芦屋川・阪急イングス・桜橋・新神戸オリエンタルホテル (2)
マッチ・コレクション/Je t'aime Cafe(ジュテーム・カフェ) OSAKA 1987 - 芦屋川・阪急イングス・桜橋・新神戸オリエンタルホテル (1)
マッチ・コレクション/Je t'aime Cafe(ジュテーム・カフェ) OSAKA 1987 (4)
マッチ・コレクション/Je t'aime Cafe(ジュテーム・カフェ) OSAKA 1987 - 芦屋川・阪急イングス・桜橋・新神戸オリエンタルホテル (5)
マッチ・コレクション/Je t'aime Cafe(ジュテーム・カフェ) OSAKA 1987 - 芦屋川・阪急イングス・桜橋・新神戸オリエンタルホテル (6)

現在の大阪市北区に本社を置く「フジオフードグループ本社」が「フジセイ・コーポレーション」時代に関西圏で展開していたのが”Je t’aime Cafe(ジュテーム・カフェ)”。
公式サイトによると、1号店は大阪にオープンした「桜橋」店となります。1985(昭和60)年4月のことです。

その後、「南森町」、翌年の1986年から1989年にかけて「兵庫県・芦屋川」「江坂」「新神戸オリエンタルホテル」「阪急イングス」がオープンしています。
そんなわけで、1989年頃に”ジュテーム・カフェ”で手に入れることができたはずのブックマッチです。
1992年以降には「三重・名張」店、「大阪・心斎橋」店ができています。

「芦屋川」店を訪れたことがあったかもしれませんが、最も近かったはずの「新神戸オリエンタルホテル」店に行く機会はありませんでした。
その「新神戸オリエンタルホテル」も「クラウンプラザ神戸」を経て、現在は「ANAクラウンプラザホテル神戸」です。

“Je t’aime Cafe(ジュテーム・カフェ)”のブックマッチを2020年1月に撮影した「ANAクラウンプラザホテル神戸」の写真とともにここに残しておきます。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/COFFEE SHOP “KOBAYASHI(こばやし)” – 東区伏見町 (大阪)

マッチ・コレクション/COFFEE SHOP "KOBAYASHI(こばやし)" - 東区伏見町 (大阪) -1-
マッチ・コレクション/COFFEE SHOP "KOBAYASHI(こばやし)" - 東区伏見町 (大阪) -3-

大阪市の「東区」は1989年2月13日に「南区」と合区して「中央区」となり、”こばやし”というコーヒー・ショップが存在した時代と現在の伏見町(ふしみまち)の住所表記は若干異なるが、およそ、土佐堀川の南、御堂筋の「淀屋橋」駅と「本町」駅の中間辺りを東西に広がる場所が現在の「伏見町」となる。

マッチラベルに描かれたのは花瓶と花、植木鉢と葉、そして太陽でしょうか。
描き手も自身の表現方法が時を経て、たるみ燐寸博物館で展示されることになるとは思わなかったでしょうね。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/大阪駅商店街正面入口「ステーションパーラー(STATION PARLOUR)」

大阪駅商店街正面入口「ステーションパーラー」は”喫茶・グリル・高級和菓子・果実”を扱う店だったことが窺えます。
ロゴは”Osaka”の”O”と”Station”の”S”と”Parlour”の”P”を組み合わせたのでしょうか。

「資生堂パーラー」や「タカノフルーツパーラー」と同様にイギリス英語の”parlour”です。
「雪印パーラー」はアメリカ英語の”parlor”を使用していますね。

さて、現在のJR「大阪」駅と繋がっていく「大阪」駅の「駅舎」の歴史を遡って調べていくとマッチラベルに印刷されているのは国鉄「大阪」駅の「3代目駅舎」です。
1940年に開催されるはずだった「幻の東京オリンピック」に向け、鉄道ホテルとして供用される予定で建設が進みましたが、3階以上の完成を待たずに1979年に解体されたそうです。
その跡地は「アクティ大阪(現:サウスゲートビルディング)」となりました。

“大阪駅商店街”は国鉄「大阪」駅「3代目駅舎」内にあって、「ステーションパーラー(STATION PARLOUR)」は「大阪」駅の正面(現在の「大丸梅田店」側)入ってすぐの場所にあったのではないか、というのが僕の推測です。

そして、2021年12月6日に書いた”マッチ・コレクション/八十名様 特急つばめで伊豆修善寺温泉御招待 – 撰良百貨「専門大店」“を読み返してみると、1931(昭和6)年に創業し、1943年に大阪駅新駅舎構内に移転、第2次世界大戦中の大阪大空襲で焼失、1948年10月14日に再建された「専門大店」となにか関係があるような気がするのですが、調べた内容を僕がどこかで間違えてつなぎ合わせているのかもしれません。