カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/PASTA HOUSE “BUITONI” (東京・池袋、渋谷、千葉・津田沼)

マッチ・コレクション/PASTA HOUSE "BUITONI" (東京・池袋、渋谷、千葉・津田沼) -2-
マッチ・コレクション/PASTA HOUSE "BUITONI" (東京・池袋、渋谷、千葉・津田沼) -3-
マッチ・コレクション/PASTA HOUSE "BUITONI" (東京・池袋、渋谷、千葉・津田沼) -1-

イタリアを代表するパスタブランド「ブイトーニ」の日本で販売権は複雑で、このブックマッチを置いていたPASTA HOUSE “BUITONI”と関係があるのかないのかも定かではありません。
ブックマッチの裏面には「翼を持ったライオン」が描かれています。

池袋店は「西武百貨店8階」、渋谷店は「西武百貨店A館8階」、津田沼店は「津田沼パルコ6階」だったということになりますが、web検索のいくつかを辿っていくと、東京・世田谷区八雲にかつて「パスタバール・ブイトーニ駒沢店」あるいは「レストラン・ブイトーニ駒沢店」という店があって、1983年に放送が始まった山田太一原作・脚本の「ふぞろいの林檎たち パートI」のロケ地に使われたとありました。

「津田沼パルコ」は1977年7月から営業を開始しましたが、2023 年2月末をもって営業を終了することが決定しているんですね。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/唄ごころ・味ごころ「MAISON de FRANCE(メゾン・ド・フランス)」

マッチ・コレクション/唄ごころ・味ごころ「MAISON de FRANCE(メゾン・ド・フランス)」 (1)
マッチ・コレクション/唄ごころ・味ごころ「MAISON de FRANCE(メゾン・ド・フランス)」 (1)
マッチ・コレクション/唄ごころ・味ごころ「MAISON de FRANCE(メゾン・ド・フランス)」 (1)

“唄ごころ・味ごころ「MAISON de FRANCE(メゾン・ド・フランス)」”

“メゾン・ド・フランス”は「ビストロ、カフェ・レストラン、カフェ」、”卵と私”は「ビストロ、カフェ・レストラン、ケーキサロン」。

“卵と私”なら知っている。”卵と私”は現在、日本レストランシステムズが経営している。
「ホワイティ梅田」にある”卵と私”で、ふんわりとした羊毛布団ような卵がのったオムライスを何度か食べたことがある。

“メゾン・ド・フランス”のことは知らなかったが、”卵と私”は姉妹店だったのか。

頭薬は青色で側薬(マッチストライカー)部分もやや青みがかっている。

ブックマッチを広げると”自由が丘メルサ、銀座メルサ、横浜そごう、船橋そごう、丸井錦糸町、本厚木ミロード、名古屋名鉄セブン、金沢丸越”などに店舗があったことがわかる。

“メゾン・ド・フランス”の”卵と私”もシャンソン歌手の石井好子のお店だったそうだ。
石井好子の2011年の著書「東京の空の下オムレツのにおいは流れる(河出書房新社)」に”卵と私”が出てくるらしい。

そんなわけで、ブックマッチの表側に印刷されている女性は石井好子の姿ということになる。

* blog内、全て敬称略です。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/会席膳仕出し料理「虎徹(とらてつ)」 – 館山高校前 (千葉・館山)

マッチ・コレクション/会席膳仕出し料理「虎徹(とらてつ)」 - 館山高校前 (千葉・館山) -1-

マッチ箱に印刷されている”館山高校”が現在の千葉県立館山総合高等学校だとすると、その歴史は「館山市立館山高等学校」に始まり(正確には大正15年の「千葉県北条町立北条実科高等女学校」の設立に始まるのだが割愛する)、1965年(昭和40)年に「千葉県立館山高等学校」、2008(平成20)年の千葉県立安房水産高等学校との統合を経て「千葉県立館山総合高等学校」へと繋がっていくはずです。

僕には「館山高等学校」時代にその高校の前にあったはずの会席膳仕出し料理「虎徹(とらてつ)」のことはわかりません。

来年2022年は「寅年」ということで、虎が描かれたマッチ箱です。
36年に1度の巡ってくる「五黄の寅(ごおうのとら・ごうのとら)」という年だそうですね。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/紳士服 大卸価格で小売「流通卸センター」千葉店

マッチ・コレクション/紳士服 大卸価格で小売「流通卸センター」千葉店 (1)
マッチ・コレクション/紳士服 大卸価格で小売「流通卸センター」千葉店 (2)

紳士服量販店「流通卸センター(ROC:Ryutsu Oroshi Center)」はもうない。1993(平成)5年に倒産している。
ここにあるのは「扇屋ジャスコ」の並びにあった「流通卸センター千葉店」のマッチ箱。横浜西口、池袋、大手町、虎ノ門、錦糸町に店舗があったことを窺わせる。
千葉県で1933(昭和8)年に創業した「扇屋」は「扇屋ジャスコ」へとなったが、その「扇屋ジャスコ」も今はもうない。
タレントで司会・リポーターとして活躍した宮尾すすむももういない。
彼が「流通卸センター」のCMに出演していたのは1978年頃らしい。僕はそのCMのことは記憶にない。
彼が「スターどっきりマル秘報告」と「宮尾すすむのああ日本の社長」と「象印クイズ ヒントでピント」で活躍し、「ハイッ!」というポーズで有名だったことは覚えている。かつては僕もよくテレビ番組を観ていたのだ。

日本における既製品スーツの登場は高度経済成長と強く結びついている。
僕はDCブランド・スーツ世代だが、もうそれもかなり前のことになる。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/南房総国定公園「鋸山観光ホテル」 – 千葉・金谷

マッチ・コレクション/南房総国定公園「鋸山観光ホテル」 - 千葉・金谷 (1)
マッチ・コレクション/南房総国定公園「鋸山観光ホテル」 - 千葉・金谷 (2)
マッチ・コレクション/南房総国定公園「鋸山観光ホテル」 - 千葉・金谷 (3)

現在の千葉県富津(ふっつ)市で、古くから石切り場として有名な場所、127号線沿いの東京湾に面する場所にかつて「鋸山(のこぎりやま)観光ホテル」がありました。
マッチ箱に印刷されているイラストの建物の形から判断すると海側の上空から見たホテルの姿を捉えていることになります。
デザイン化された建造物と山と海が美しいまま残されたマッチ箱です。
近くに「鋸山ロープウェー」があるはずなのですが、描かれていませんね。

「鋸山観光ホテル」については定かなことはわかりませんが、ホテルとしての営業が終わった後、温室と花屋が一体になった観光施設「内房フラワーハウス」となり、それも2009年に閉館し、建物はそのまま残されているようです。

マッチ箱の背の部分に印刷されている”鬼怒川 水明館”とは栃木県日光市にあったホテル「岩風呂 水明館」で「鋸山観光ホテル」の姉妹館でした。2000(平成12)年に休館し、後に取り壊されました。

僕の記憶には「鬼怒川温泉」はありますが、残念ながら「南房総」はありません。

こんなひとつのマッチ箱が誰かのひとつの扉を開き、別の扉を開き続けることに繋がればうれしいです。