カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/青い城(SUPPER CLUB AOISHIRO) – 神戸・三宮

マッチ・コレクション/青い城(SUPPER CLUB AOISHIRO) - 神戸・三宮 (1)
マッチ・コレクション/青い城(SUPPER CLUB AOISHIRO) - 神戸・三宮 (2)
マッチ・コレクション/青い城(SUPPER CLUB AOISHIRO) - 神戸・三宮 (3)
マッチ・コレクション/青い城(SUPPER CLUB AOISHIRO) - 神戸・三宮 (4)
マッチ・コレクション/青い城(SUPPER CLUB AOISHIRO) - 神戸・三宮 (5)

神戸市内に「城」がいくつあったのかと調べていくと僕が思う以上に多いのだけれど、神戸・三宮にあったこの「青い城」の記録は”Jazz Town Kobe – 運営:「ジャズの街神戸」推進協議会”の中にナイトクラブとしてその名前を見つけることができるくらいで、その外観はわからない。
高度経済成長期に三宮のどこかにあった「青い城」は経木のマッチ箱に貼られたラベルの片面に描かれた絵から推し測るとステージを備える大きな店だったのでしょうね。
僕は読んだ記憶はないのですが、店名はルーシー・モード・モンゴメリの1926年の小説「青い城(原題:The Blue Castle)」に由来するのでしょうか。

「城」にも「青い城」にも関係ありませんが、2021年10月2日、阪急「神戸三宮」駅東口にリニューアル・オープンした新しい大きな空間「さんきたアモーレ広場」の写真(撮影は2021年10月3日の夕刻)を残しておきます。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/グリル「自由軒」 – 生田東門小路 (神戸・三宮)

マッチ・コレクション/グリル「自由軒」 - 生田東門小路 (神戸・三宮) -1-
マッチ・コレクション/グリル「自由軒」 - 生田東門小路 (神戸・三宮) -2-
マッチ・コレクション/グリル「自由軒」 - 生田東門小路 (神戸・三宮) -3-
マッチ・コレクション/グリル「自由軒」 - 生田東門小路 (神戸・三宮) -4-
マッチ・コレクション/グリル「自由軒」 - 生田東門小路 (神戸・三宮) -5-

神戸・三宮、生田神社の東門前を南北に延びる「東門筋」は一般的に「東門街」と呼ばれている。
“グリル「自由軒」(GRILL jiyu-ken)”のマッチ箱に印刷されている簡単な地図はGoogle Mapsでは確認できない。Yahoo!地図では確認できる。

1階にかつてキャバレーとして有名だった「クラブ月世界」が入居する「月世界ビル(現在、多目的ホールとして活用)」を左手に見ながら、東門筋をもう少し北側に歩けばマッチ箱に印刷された地図と同じ場所が見つかる。

「東門街」のアーチはこんなに小さかったか、と思うのは駅周辺の再開発が進んで以前よりビルが高くなったからかもしれない。
東門筋側から撮してみた。

「自由軒」はもうここにはない。サムズダウン(thumbs down)のようなデザインの看板もない。
ネガティヴな意味合いはなく、「ここです!」っていう感じでデザインされたんだと思う。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/みなさまのパンの店「マル井パン」 – 平野店・福原店・大橋店・板宿店

マッチ・コレクション/みなさまのパンの店「マル井パン」 - 平野店・福原店・大橋店・板宿店 (1)
マッチ・コレクション/みなさまのパンの店「マル井パン」 - 平野店・福原店・大橋店・板宿店 (2)
マッチ・コレクション/みなさまのパンの店「マル井パン」 - 平野店・福原店・大橋店・板宿店 (3)
マッチ・コレクション/みなさまのパンの店「マル井パン」 - 平野店・福原店・大橋店・板宿店 (4)
2015年7月22日撮影
マッチ・コレクション/みなさまのパンの店「マル井パン」 - 平野店・福原店・大橋店・板宿店 (5)
2015年7月22日撮影
マッチ・コレクション/みなさまのパンの店「マル井パン」 - 平野店・福原店・大橋店・板宿店 (6)
2021年9月17日撮影
マッチ・コレクション/みなさまのパンの店「マル井パン」 - 平野店・福原店・大橋店・板宿店 (7)
2021年9月17日撮影
マッチ・コレクション/みなさまのパンの店「マル井パン」 - 平野店・福原店・大橋店・板宿店 (8)
2021年9月17日撮影

たるみ燐寸博物館に”マル井パン”の経木のマッチ箱があります。
マッチ箱の背の面には神戸市兵庫区平野(ひらの)町、兵庫区福原町、長田区大橋町、須磨区板宿(いたやど)町にあった”平野・福原・大橋・板宿”の各店舗の電話番号が印刷されてます。

「板宿センター街商店街」にあった”マル井パン”は2020年6月頃に「板宿本通商店街」へと移転しているので、2015年7月22日撮影した”マル井パン”と移転後の2021年9月17日撮影した”マル井パン”の写真とともにここに残しておきます。

山陽電鉄「板宿」駅北側に集まる各商店街をひと括りにして、そのような勘違いがあるかもしれない(呼ぶこともあるかもしれない)けれど、北側一帯を「板宿商店街」と呼ぶことはないと教えてくれたのは板宿本通商店街には住む「いたやどかりちゃん」です。