マッチ・コレクション/エールアメリカンドーナツ (ドーナツショップ エール伊丹店)

マッチ・コレクション/エールアメリカンドーナツ (ドーナツショップ エール伊丹店) -1-
マッチ・コレクション/エールアメリカンドーナツ (ドーナツショップ エール伊丹店) -2-
マッチ・コレクション/エールアメリカンドーナツ (ドーナツショップ エール伊丹店) -3-

“日本最初のアメリカンドーナツ専門店”、”美容と健康に.. 朝・昼食に.. おみやげに..”

マッチ箱を表・背・裏の別々に見ると全体を捉えることができませんが、中心は青地に白い星、白い曲線部分がリング・ドーナツ、その周囲に白色と赤色の線の組み合わせが描かれています。

かつて兵庫県伊丹市にあった「エールアメリカンドーナツ」がどんなドーナツ専門店かわからないまま、ナショナル・ドーナツ・デーはもう1か月以上前のこととなってしまいました。

子どもの頃、母がよくドーナツは作ってくれました。
ですから僕にとってドーナツは外で食べるものではなく、僕のドーナツ専門店での「ドーナツ・デビュー」は遅かったのです。

そうそう、コンビニ・ドーナツの現状ってどうなっているんだろう。
ドーナツ好きなんでですけど、コンビニでは買ったことがないかな。

広告

マッチ・コレクション/名曲喫茶るーちぇ(LUCE) – 京都・河原町蛸薬師

マッチ・コレクション/名曲喫茶るーちぇ(LUCE) - 京都・河原町蛸薬師

京都における「丸善」の歴史は1872(明治5)年の「京都支店(丸屋善吉店)」に始まります。
その後、 三条通麩屋町、そして1940(昭和15)年に河原町通蛸薬師へと移転し、2005年に閉店。2015年、「京都BAL」の地下に「丸善 京都本店」として復活しました。

「河原町通蛸薬師」時代の「丸善」の南側あったのが名曲喫茶「るーちぇ(LUCE)」。「え」は[Unicode U+3091]の「ゑ」。
マッチラベルの片面には譜面台と”LP RECORDS”の文字。もう片面はデザイン化された7つの音符が描かれています。

マッチ・コレクション/クラブ「眉」 (東京・銀座西)

マッチ・コレクション/クラブ「眉」 (東京・銀座西)

今でも「銀座西並木通り」のように慣例として用いられることはありますが、住居表示の実施で、1968年10月1日に東京・銀座から「銀座西」はなくなりました。
そんな銀座西8丁目にかつてのあったのがクラブ「眉」。

「眉」の部首である「目(め・めへん)」の上の部分にはデザイン化された女性の姿が描かれ、漢字の「眉」がうっとりするほど美しい。

落款があるのですが、判読不可能でした。

マッチ・コレクション/有明製菓「銘菓 有明、欧風洋菓子 ニューありあけ」 (横浜)

マッチ・コレクション/有明製菓「銘菓 有明、欧風洋菓子 ニューありあけ」 (横浜)

朝日新聞2011年11月12日の朝刊「be on Saturday」の4面「be report」に、「よみがえった人気商品」と題して銘菓「ありあけのハーバー」に関する記事が載っています。

1936(昭和11)年、横浜市鶴見区で創業した「有明製菓」は1999(平成11)年、突然、 倒産・解散しました。

元・有明製菓社員の有志や市民による復活運動の結果、2000年10月に有限会社有明製菓が設立され、「ありあけのハーバー復活実行委員会」が立ち上げられます。
翌年、横浜銘菓「ありあけのハーバー」の製造が復活・販売が開始され、現在の「株式会社ありあけ」に至ります。

「たるみ燐寸博物館」にあるマッチ箱には”銘菓 有明”、”欧風洋菓子 ニューありあけ”の文字はあっても、のちに「ありあけのハーバー」と商品名が変わる洋菓子「ロマン」の文字もありませんが、鶴見・横浜・立川に工場、横浜市内・東京都内の販売店の場所が印刷されていることから「旧・ 有明製菓」時代のものだと思います。

復活した「ありあけ」が末長く愛されることをお祈りいたします。

マッチ・コレクション/七里ヶ浜ホテル・ドライブイン (鎌倉・七里ヶ浜)

マッチ・コレクション/七里ヶ浜ホテル・ドライブイン (鎌倉・七里ヶ浜)

「本格的な令和の夏」が始まってしまう前に。

かつて七里ヶ浜の国道134号線沿い北側あったのが「七里ヶ浜ホテル」。開業は1957年。
マッチラベルの右側に「七里ヶ浜ホテル」と富士山と国道134号線 、左側奥には「江の島」、左側手前に「ドライブイン」が描かれています。
鎌倉に住む方から譲り受けました多くのマッチ箱の中に見つけたものです。
多くの色が用いられているわけではありませんが、素敵なイラストです。

ホテル自体はもうないんですね。その跡地に建てられたのが神奈川県立七里ガ浜高等学校だそうですね。
「ドライブイン」は2015年に開業した「Pacific DRIVE-IN」の辺りでしょうか?

江の島・湘南・大磯については2018年8月28日のblog「マッチ・コレクション/舞網荘と東急江ノ島レストハウス (湘南鵠沼海岸)」、2018年8月2日のblog「マッチ・コレクション/大磯ホテル – 神奈川」にも書きましたので、参考にしてもらえるとうれしいです。

もう10年か20年以上前のことですが、なんどか夏の七里ヶ浜海岸を歩いたことがあります。