カテゴリー
モノ

「アートフィアー」の由利佳一郎さんに会いに行く

「アートフィアー」の由利佳一郎さんに会いに行く
財団法人神戸ファッション協会が主催する「地場産業産地訪問(豊岡コース)」に参加し、豊岡へ行ってきた。
ニューダレスバッグが完成する前から付き合いのあるアートフィアーの由利佳一郎さんの講演を「じばさんTAJIMA/3F デザイン開発研究室」で聴いた。
その際、プロジェクターを使って、「ニューダレスバッグ」について熱心に説明をしている由利佳一郎さんの画像です。
1時間では説明しきれない内容の講演を聴いて、由利さんのショップ「アートフィアー」へ移動。

由利さんのショップ/アートフィアー
カバンストリートの一角にある巨大な建物が「アートフィアー」の拠点。入り口は上の画像のようになっています。
ここで、由利さんがデザインした様々なバッグや小物を説明を聞きながら30分ほど見学をし、由利さんの案内ですぐそばにある「カバンステーション」へ、そして「アトリエNUU」へ向かう。

アトリエNUU
「アトリエNUU」で出迎えてくれたのは「内田雅巳(ウチダマサミ)」さん。

由利さんは初めて出会った頃の由利さんと変わらず、僕に丁寧に接してくれた。
まあ、僕がこの「地場産業産地訪問(豊岡コース)」企画で豊岡に行くことは事前に連絡していなかったので、驚いたこととは思うけどね。
本当にいい人です。
僕のショップでバッグの制作のお世話になっているデコンプラボラトリーの太田垣さんには会えなかったのだけれど(ごめんなさい、太田垣さん)、取り扱っているブランドが少しずつでも大きくなっていくことを僕はとてもうれしく思うのです。

blogの画像は一日、0枚(つまり文章だけ)か1枚という原則を僕は勝手に決めているのだけれど、今回は3枚です。

広告
カテゴリー
雑文

2011年8月最後の夕焼け/痛みの数量化

2011年8月最後の夕焼け/痛みの数量化

2011年8月は今日で終わりですね。昨年の8月の終わりがどんな一日だったのか、暑かったのかさえ、思い出せないのだけれど、今日の神戸は日中、最高気温が33.1度だったそうです。夜になって、雷の音が聞こえます。

僕がいまのショップを始める何年も、もう何年も前のことだけど、コンピューターの専門商社に入社して3年目以降、原因不明の全身の筋肉・骨の痛みを感じ、何度か病院に入院したことがある。
その際、痛みを「10」をマックスとして、今の痛みがどれくらいのモノか、痛みの発作(?)が起こるたびに記録したことを思いだした。
でも、「10」というマックス値の痛みがどのようなモノかたとえを言われても僕にはわからなかったし、今でも、そこに書いた記録が正しかったかどうかわからない。
痛み(ここでいう「痛み」とは肉体的な痛み)は主観的なモノで、客観的に表す単位が現在のところ明確に決められない(つまり数量化できない)。その上、同じ痛みでも個人差が大きい痛みをどのように表現するか、僕も困る。

今でもその痛みは忘れた頃に僕のからだのドアをノックして入ってくる。
僕の場合のは「筋肉を濡れ雑巾を絞るようにひねるような痛み」「骨を万力で締めつけられているような痛み」「筋肉注射をされた時の痛み」が長時間続く。

8月はそんな全身の筋肉・骨の痛みに悩まされたことをここに記しておこう、っと。

カテゴリー
雑文

夜空を流れる星

特に視力が悪いというわけではないのだけど、今まで肉眼で流れ星を見たことは一度もない。
決まった時期に降り注いでくる流星群の時にも、見たことがない。

明かりの少ない場所で、地面にからだを横たえて、夜空を時間をかけて眺めればいいのかもしれないけれども、今の僕にはそんな緩やかな時間を過ごす余裕がない。

まあ、見ないより、見ることができたほうが、一つの話題にもなるかもしれないのだけれど、見ていないこともそれ自体で話題にはできるよね、と僕は思ったりする。

カテゴリー
モノ 雑文

垂水駅西口の南側2号線との交差点に立つ案内板

垂水駅西口の南側2号線との交差点に立つ案内板
垂水駅周辺が美観で、風情のある街並みだとは言わないけれど、JRおよび山陽電鉄「垂水駅」西口から南120mほど、国道2号線を横切る横断歩道の突き当たりに立っているそっけない案内板。
海が近いからか、案内板は白地に青い文字。それらを支えるポールは青く塗られている。
2011年8月27日のblogでとりあげた「神戸旧居留地24番、神戸市立博物館の南の交差点にある案内板」と趣が異なります。

周辺住民への配慮のため、「マリンピア神戸」へは左への迂回を奨めています(ここにある歩行者用に設けられた信号は約30秒で青から赤に変わるので、横断には注意してください)。
この案内板を正面に見て、右手に曲がって、20mくらいのところに、僕のショップ「レッドアリゲーター」はあります。

カテゴリー
モノ 雑文

SDHCカードが認識しない

夕陽/SDHCカードが認識しない

最近、ディジタル・カメラで使用している1GB(CLASS6)のSDカードで書き込みエラーが頻繁に発生するようになってきたので、今日から8GB(CLASS10)のSDHCカードを使い始め、夕陽を撮影しました。
blog用にと、画像をパーソナル・コンピューターに取り込むために、SDHCカードを内蔵のカードリーダー/ライターの差し込むも、認識しない。
ディジタル・カメラでは正常に動作するのに…。

で、少しばかり調べると、僕の所有している全てのパソコンはSDHCの規格が示された2006年以前の製品。
そうか、当然、SDHCの対応していないよね。
今すぐできる他に方法がないため、カメラに同梱のUSBケーブルを探してきて、カメラをパーソナル・コンピューターに繋いで、当座をしのぐことに。

ちょっと不便だな。やれやれ。