火曜日と反作用

火曜日と反作用

どうして「ゾウ」だと思ってしまったんだろう。度を超えた音量のテレビが「地上最大の哺乳類が打ち上げられた」と伝える。
「ゾウ」を宇宙に送り出すことができる時代になったのか、と僕は思う。
打ち上げられたのはクジラだ。宇宙ではなく由比ガ浜に。
衰弱したクジラが海辺に流れ着く場面が出てくる小説を読んだことがある。ジェイ・マキナニーの「空から光が降りてくる」だったと思う。

広告

ささがに。

ささがに。

狭かったと言えば確かにそうだけれど、通り慣れていないその道をゆっくりと僕に向かってやって来る1台のクルマがあって、道を譲るために道路脇の壁と電信柱との間にできる空間を通り抜ける僕の顔にまとわりついたのは蜘蛛の巣。
やれやれ、と僕は思う。

マッチ・コレクション/ばーテミス(BAR TEMIS) – 京都

マッチ・コレクション/ばーテミス(BAR TEMIS) - 京都・西木屋町 (1) マッチ・コレクション/ばーテミス(BAR TEMIS) - 京都・西木屋町 (2) マッチ・コレクション/ばーテミス(BAR TEMIS) - 京都・西木屋町 (3)

今日2018年7月25日の神戸の夕暮れの空はとても燃えていたそうですが、僕はその空を見ることができる場所にいなかったので、たぶんこんなマッチラベルの色だったのだろうと想像するのです。
京都・鴨川の西に流れる高瀬川に沿って、五条大橋より南に「西木屋町通り」という通りがあります。「ばーテミス(BAR TEMIS)」は「西木屋町通り」のどこかにあったのだと思います(間違っていたらごめんなさい)。
やや濃い赤を背景に黒で描かれ2本のボトルというシンプルなデザインです。
マッチ箱からラベルを剥がさないとイラスト全体を見ることができないのですが、表・背・裏の写真を残しておきますので、3面をつなげて想像してくださいね。

夕枯れ空柄。

枯れ空柄。

2015年7月15日の神戸の最高気温が僕の平熱より高かったのと同じように、今日2018年7月16日の神戸の最高気温は僕の平熱より高かったようです。
夕刻、西の空に浮かぶ薄い雲を通して、触れば砕けてしまいそうなくらいほっそりとした曲線を描く月が静かに姿を現しました。

おやすみなさい、いい夢を。