マッチ・コレクション/馬鈴薯とパスタの店「バクの旅」 (東京・市ヶ谷)

マッチ・コレクション/馬鈴薯とパスタの店「バクの旅」 (東京・市ヶ谷) -1-
マッチ・コレクション/馬鈴薯とパスタの店「バクの旅」 (東京・市ヶ谷) -2-
マッチ・コレクション/馬鈴薯とパスタの店「バクの旅」 (東京・市ヶ谷) -3-

僕がリアルタイムに手に入れたマッチではなく、申し訳ないのですが、馬鈴薯とパスタの店「バクの旅」という店のことは知りません。
印刷されてる地図をみると、かつて東京・市ヶ谷の「東プレビル」の2階にあったお店で、当時は1階に「中村屋」とレコードショップ、道路を挟んで向い側には横浜銀行があったようです。

譲り受けたマッチ箱の中に「バクの旅」というマッチ箱を見つけて、ちょっとバクのことを調べてみようと思って読んだのが昨日のblogに書いた「だれもしらないバクさんのよる(作・絵:まつざわありさ)」という絵本でした。

マッチ箱に描かれたバクが眠たそうな顔をしているのは夜行性だからというだけではなく、バクが登場する時間がないくらい忙しい店だったのかもしれませんね。

さて、バクが見た夢はだれが食べるんでしょう。そもそもバクは夢を見ないのかもしれない。

広告

奇妙な構文

奇妙な構文

昨日の午前中の青空は前日の夜の予報より早く崩れきってしまい、今日は今日で雨が降ったり止んだりして、僕はちょっと冴えなくて、重くて過ごしにくい。

お客様からご注文頂いたシザーケース。
今日、店舗から発送し、明日にはお手元に届く予定でご案内していたのだけれど、宅配業者の本日分の最終集荷時刻17時を過ぎてから店舗に届いた。
店舗に遅れて届けられることは滅多にないことだし、だれのせいでもない。
交通・天候等の事情で遅れることがあることは伝えているけれど、今夜、お詫びのメールを送ります。

それは幾ばくかエドヴァルド・ムンクの「叫び」的な雲だったのだけれど。

それは幾ばくかエドヴァルド・ムンクの「叫び」的な雲だったのだけれど。

2019年の「真っ盛り」な夏の暑さは苦痛じゃなかったのだけれど、残る夏の暑さに思った以上に苦戦している。

移動中に見つけた今日の空。
ムンクの「叫び」にも似た雲もすぐに両手を広げた「put your hands up」状態になってしまったのです。

熱帯夜の不具合

熱帯夜の不具合

空に細い月を見つけたのは昨日のことで、これから15日まで太っていきます。
吹く風は少しばかり涼しくなりましたが、窓から射し込んでくる光はまだまだ夏のままなのです。
静かな火曜日。安定しない火曜日。分断された火曜日。わがままな火曜日。