「マッチ・ラベル 1950s-70s グラフィックス」出版イベント – 喫茶アオツキ3階(大阪・北堀江)

「マッチ・ラベル 1950s-70s グラフィックス」出版イベント - 喫茶アオツキ3階(大阪・北堀江) -1-
「マッチ・ラベル 1950s-70s グラフィックス」出版イベント - 喫茶アオツキ3階(大阪・北堀江) -2-
「マッチ・ラベル 1950s-70s グラフィックス」出版イベント - 喫茶アオツキ3階(大阪・北堀江) -3-

・トーク・セッション「喫茶店のマッチ箱考」
2019年5月19日(日)  大阪・北堀江の「喫茶アオツ」3階ギャラリスペース。
18:30 OPEN、19:30 START、入場料1,000円、定員:40名。
出演:金本武士(喫茶アオツキ)、西村依莉(ポルカ社)、小野隆弘(たるみ燐寸博物館)。

「マッチ・ラベル 1950s-70s グラフィックス(グラフィック社刊、定価:本体1,700円+消費税)」をご購入頂いた方は特典として「マッチ・ラベル 1950s-70s グラフィックス」の装丁をデザインしたマッチをプレゼント致します。

・マッチ箱展示「too much too match」
5月18日(土)から6月2日(日)まで、大阪・北堀江の「喫茶アオツ」3階ギャラリスペース。
出展:夢夢子(ヘア・サロン夢屋)、マツダトオル、宮本美和、金本武士、小野隆弘

問い合わせ先:「喫茶アオツキ」

よろしくお願いいたします。

* blog内、全て敬称略です。

広告

「マッチラベル 1950s-70s グラフィックス」発売記念イベントのお知らせ

「マッチラベル 1950s-70s グラフィックス」発売記念イベントのお知らせ

「マッチ・ラベル1950s-70sグラフィックス」発売記念イベント開催のお知らせです。
神戸から離れた場所での2日間のイベントとなります。

パート1:4月27日(土) 東京・西荻窪の「村田商會」。
19:15 OPEN、19:30 START、入場料1,000円+1ドリンク。
「喫茶店の椅子とテーブル – 村田商會がつないだこと -」の著者でもある店主の村田龍一さんと「喫茶店巡りとマッチ箱」をテーマにお話しします。

パート2: 翌日の4月28日(日) 「池袋ジュンク堂書店」。
時間未定(決まり次第、お知らせします)。
文筆家の甲斐みのりさんと「マッチ箱と包み紙」をテーマにお話しします。
甲斐さんもかなりのマッチ好きだそうで、話はいったいどんな道をたどって、どこにたどり着くのでしょうか。

高度経済成長期の広告マッチラベルデザイン集「マッチ・ラベル1950s-70sグラフィックス(グラフィック社)」の発売は4月上旬ですが、3月15日くらいからAmazonでの予約販売がスタートします。
みなさんよろしくお願いします。

確定申告が終わって少しはホッとしているのですが、今からいろいろと緊張しているし、移動を含めて、僕にはハードなスケジュールとなりそうです。

三宅善夫スクラップブック展 – ギャラリー凛 annex (東京・亀戸)

三宅善夫スクラップブック展 - ギャラリー凛 annex (東京・亀戸)

“1950から60年福岡・博多を中心に、三宅青年が過ごした喫茶時代を、素晴らしいマッチラベルのデザインと共にご紹介いたします”

そんな「三宅善夫スクラップブック展」というイベントのお知らせのハガキが届きました。ありがとうございます。

2019年3月19日(火)から3月31日(日)まで東京・亀戸の「ギャラリー凛 annex」で行われます。
月曜定休で、12:00から18:00(最終日17:00)まで。
3月21日(木)、30日(土)、31日(日)にはトークショーなどが行われるようです。

今、ちょっと手を離したらひとつひとつがどこかに散らばってしまいそうなくらい多くのことを抱えているので、僕は行くことができませんが、お近くの方は是非、覗いてみて下さい。


平成6年4月現在の市内及び明石市内善意劇場一覧表

平成6年4月現在の市内及び明石市内善意劇場一覧表 (1)
平成6年4月現在の市内及び明石市内善意劇場一覧表 (2)

神戸市が1995(平成7)年に発行した老人福祉手帳には「市内及び明石市内善意劇場一覧表(平成6年4月現在)」として35の興行場名が載ってる。

「西灘劇場」「西灘シネマ」(以上、灘区水道筋)、「国際松竹劇場」「国際日活劇場」「神戸新聞会館シネマ1」「神戸新聞会館シネマ2」「アサヒシネマ1」「アサヒシネマ2」 「アサヒシネマ3」(以上、中央区雲井通)、「ビッグ映画劇場」「阪急会館」「阪急シネマ」「阪急文化」(以上、中央区加納町)、「三劇」(中央区北長狭通)、「三宮東映劇場」「三宮東映プラザ」(以上、中央区三宮町)、「新劇ゴールド」「新劇会館」「新開地劇場」 「パルシネマしんこうえん」 (以上、兵庫区新開地)、「福原国際映画」(以上、兵庫区福原町)、「板宿東宝」「板宿東映」(以上、須磨区大田町)、「西神オレンジシネマ1」「西神オレンジシネマ2」(以上、西区糀台)、「ペレーネシネマ」「カナートシネマ」(以上、西区竜が岡)、「シネモザイク1」「シネモザイク2」「シネモザイク3」「シネモザイク4」「abシネマ1」「abシネマ2」(以上、中央区東川崎町)、「本町日活」(明石市本町)、「明石東宝」(明石市大明石町) 。

善意劇場とは「満65歳以上の方に余暇を有効利用していただくため、映画館、劇場(善意劇場)を安い料金で利用してもらおうとするものです。」との定義。

1995年は阪神淡路大震災の年でした。

記録として。


第10回北の燐寸アート展2018 [ 神戸展 ]

第10回北の燐寸アート展2018 [ 神戸展 ] (1)

第10回北の燐寸アート展2018 [ 神戸展 ] (2)

第10回北の燐寸アート展2018 [ 神戸展 ] (3)

第10回北の燐寸アート展2018 [ 神戸展 ] (4)

第10回北の燐寸アート展2018 [ 神戸展 ] (5)

2018年12月7日・8日・9日(10:00 – 18:00、最終日は13:00まで)の3日間、「北野工房のまち・3階講堂」で開催されている”燐寸をテーマ&イメージしたアート作品”展「北の燐寸アート展 [ 神戸展 ]」へ行ってきました。

たぶん誰も逆らわないだろうと思いますが、「順路」の指示に従ってくださいね(昨日は「順路」の表示がなかったそうです)。
時計回りに展示を見ていくことにこの展示会の意味がありますから。

古い貴著な資料では「芹澤銈介、川上澄生が作った燐寸燐票」「北海道で製品化された燐寸燐票」「岡山県立美術館制作”マッチラベルのシイセカイ”」が個人的に惹かれるところがありました。

会場右手と中央奥にアート作品が展示されています。
アート作品については解釈はいろいろできますので、ここに感想を残すことを控えますね。