カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文 映画/展示/講演会

川崎市公文書館「第11回 マッチラベルに見る昭和の川崎 – 内藤教雄家旧蔵資料から -」

川崎市公文書館企画展示「あなたに伝えたい記録と記憶 – 公文書館所蔵資料から -」の「第11回」として「マッチラベルに見る昭和の川崎 – 内藤教雄家旧蔵資料から -」が開催されています。

場所:川崎市公文書館(神奈川県川崎市中原区宮内4-1-1) 1Fロビー
開催期間:2021(令和3)年4月4日(日)から2021(令和3)年9月30日(木)まで
開館時間:8時30分から17時まで

*月曜、祝日は休館です(休日が月曜日に当たるときは、当該日の直後の休日でない日も休館。開館日の詳細については川崎市公文書館のカレンダーをご覧ください)。

川崎市公文書館が所蔵する「内藤教雄家旧蔵資料」の中から昭和の高度成長期のマッチラベルを川崎市とその周辺のマッチラベル(プリント)、シリーズ物のマッチラベル(現物)、全国のホテルのマッチラベル(現物)を展示しているそうです。

詳細は以下のURLをご覧ください(川崎市公文書館)。
https://www.city.kawasaki.jp/170/page/0000122293.html

この展示に当たって、たるみ燐寸博物館に依頼があり、所蔵するマッチ箱から川崎市、隣接する東京都大田区・世田谷区・目黒区、神奈川県内の各業種の広告マッチを昨年12月までに150個ほど準備していました(川崎市内のマッチ箱はあまり見つかりませんでした)が、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止および政府からの緊急事態宣言、移動の自粛等で撮影にきて頂くことができなくなり、当館としては協力できませんでした。

新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大予防についてご配慮のうえお出かけください。



カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文 映画/展示/講演会

マッチ・コレクション/「フランス野獣派の巨匠 ブラマンク展 1966」と「ブラマンク(著:里見勝蔵、日動画廊出版部)」

マッチ・コレクション/「フランス野獣派の巨匠 ブラマンク展 1966」と「ブラマンク(著:里見勝蔵、日動画廊出版部)」 -1-
マッチ・コレクション/「フランス野獣派の巨匠 ブラマンク展 1966」と「ブラマンク(著:里見勝蔵、日動画廊出版部)」 -2-
マッチ・コレクション/「フランス野獣派の巨匠 ブラマンク展 1966」と「ブラマンク(著:里見勝蔵、日動画廊出版部)」 -3-

モーリス・ド・ヴラマンクが好きな人ならこのマッチをもらったら(そしてマッチ棒を使い終わったら)箱は大切に保管するだろう。飾っていたかもしれない。
すべての作品というわけではないけれど僕もヴラマンク(Vlaminck)が描いた絵が好きだ。

さて、以下「ブラマンク」表記で進める。
「フランス野獣派の巨匠 ブラマンク展」は1966(昭和41)年に開催された。
会期と場所は「東京展」が10月1日から15日まで東京・銀座の「日動画廊」で、「大阪展」は10月29日から11月10日まで大阪の「新大ビル」だった。「大阪展」について探ってみるも、僕には資料を見つけることができなかったが、マッチ箱には「新大ビル」ある。1958年に堂島に完成した「新大阪ビルヂング」のことだろうか。
読売新聞社主催、フランス大使館後援。「大阪展」にはさらに大阪府教育委員会、大阪市教育委員会、そして読売テレビと日動画廊が加わる。

里見勝蔵(さとみかつぞう)は京都市生まれの洋画家で1921年から1925年までフランスに留学し、ブラマンクにフォービスムを学んだ。彼の著書「ブラマンク」が日動画廊出版部から出版されたのは1968年。当時の価格は720円だったということになる。
1966年の「ブラマンク展」からは未来の日付となるが、書籍の出版を告知する意味合いもあったのだろう。
5月13日は里見勝蔵の命日である。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文 映画/展示/講演会

マッチラベルの中の昭和 – 二戸歴史民俗資料館特別展 (岩手・二戸)

マッチラベルの中の昭和 - 二戸歴史民俗資料館特別展 (岩手・二戸)

“当資料館に寄贈されたマッチラベルのコレクションの展示会を開催するに当り、御著「マッチ・ラベル 1950s-70s グラフィックス」が最も参考になり、楽しく開催できそうです”

そんな書き出しで始まるハガキが届きました。ありがとうございます。

2020年11月1日(日)から11月7日(土)まで岩手・二戸の「二戸歴史民俗資料館」で「マッチラベルの中の昭和」という特別展が行われます。
展示されるのはマッチ箱ではなく、寄贈されたマッチのラベルだそうです。
入館可能時間は9時から16時30分(閉館時間は17時)です。

今、僕は行くことができませんが、お近くの方は是非、覗いてみて下さい。