マッチ・コレクション/サンドウィッチとコーヒー「SPANOLA(スパニョラ)」

マッチ・コレクション/サンドウィッチとコーヒー「SPANOLA(スパニョラ)」 (1)
マッチ・コレクション/サンドウィッチとコーヒー「SPANOLA(スパニョラ)」 (2)
マッチ・コレクション/サンドウィッチとコーヒー「SPANOLA(スパニョラ)」 (3)

横浜と梅田にあったにサンドウィッチとコーヒーの店「SPANOLA(スパニョラ)」。
ともに市内局番は2桁の時代のマッチ箱です。

梅田店に関してはなにもわからないのですが、横浜店は「横浜駅名品街」にあったことがマッチ箱からわかります。
「横浜駅名品街」は1956(昭和31)年4月に完成したアーケードを備えた商店街で、現在の「JOINUSジョイナス」へとつながっていきます。

「相鉄グループ100年史(2018年12月18日発行)」によると

“「横浜駅名品街」は市民からの懸賞募集によって命名されたものであったが、名品街の実現は戦後地盤沈下の著しかった横浜市の商勢を活性化させ、横浜市民の日常生活に活気をとりもどすとともに、このとき完成した当社横浜駅の新駅舎の開業と相まって、地域社会の重要な中核となり、また横浜の新名所となった。”

とあります。

それまでの横浜駅西口は「都心の残された砂漠」と呼ばれくらいなにもない場所でした。

マッチ箱に印刷されたイラストが実際の内装なのか内装イメージなのか僕にはわかりませんが、どなたかの遠い記憶に残っていることを願うのです。

マッチ・コレクション/喫茶&軽食「スズエパーラー」 (神戸)

マッチ・コレクション/喫茶&軽食「スズエパーラー」 (神戸) -1-
マッチ・コレクション/喫茶&軽食「スズエパーラー」 (神戸) -2-
マッチ・コレクション/喫茶&軽食「スズエパーラー」 (神戸) -3-
マッチ・コレクション/喫茶&軽食「スズエパーラー」 (神戸) -4-
マッチ・コレクション/喫茶&軽食「スズエパーラー」 (神戸) -5-

僕が社会のいろんな関係性をうまく理解できるようになる前から、神戸・垂水、福田川河口の東側に「年金会館」と呼ばれている建物がありますが、ふと湧いた「年金会館とはいったいなんなのだろう」という疑問は頭の隅に残したままにします。
正式な名称は「垂水年金会館」で、竣工は1973(昭和48)年4月。
すっかり忘れているのか、僕の記憶が曖昧なのか、「垂水海浜センター」という呼ばれていたような気もします。
建物に中には規模は小さいですが図書館もありました。そして、建物の東側部分に2008(平成20)年までプールがありました。今は駐車場となっています。

そんな昔の「年金会館」の1階にあったのが喫茶&軽食「スズエパーラー」の垂水店。何度か行ったことがあると思う喫茶店が「スズエパーラー」だったのでしょう。
生田店は「市立福祉センター2階」。生田区は葺合区と合併し、1980年に中央区となりました。
「市立福祉センター」とは現在の「神戸市立総合福祉センター」のことだと思います。

2020年2月21日に撮影した「年金会館」の写真とともにここに残しておきます。

* 撮影に際し、マッチ棒は手元にあるマッチから流用しています。

マッチ・コレクション/洋食のスター食堂 展望閣支店 (比叡山頂上)

マッチ・コレクション/洋食のスター食堂 展望閣支店 (比叡山頂上) -1-
マッチ・コレクション/洋食のスター食堂 展望閣支店 (比叡山頂上) -2-
マッチ・コレクション/洋食のスター食堂 展望閣支店 (比叡山頂上) -3-

比叡山の山頂には1959(昭和34)年に開業し、2000(平成12)年1月に閉園した「比叡山頂遊園」と呼ばれる遊園地がありました。
現在は「ガーデンミュージアム比叡」という庭園美術館となっています。

「比叡山頂遊園」時代に建てられた鉄筋コンクリートの「回転展望閣」の設計を手がけたのは村野藤吾。
その「回転展望閣」は遊園地の閉園とともに回転することをやめてしまったそうですが、建造物はほぼそのままの形で残され、「ガーデンミュージアム比叡」の「展望塔」として引き継がれているそうです。

高度経済成長期には回転する展望台を持つ多くの建造物が建てられましたが、今も回転することを止めていない展望台はそれほど多くないないのです。

「スター食堂」とは洋食のチェーン店として1925(大正12)年に創業した、京都市内に本社を置く会社です。
マッチ箱には「総本店」、支店として「京極・祇園・西陣・大宮・河原町・展望閣・彦根」が印刷されていますが、現在はそのような店舗展開ではないので、「比叡山頂遊園」が開園した頃に配られた広告マッチだと推測しています。

お店がお客様に愛され、末永く繁盛されることを、心よりお祈りいたします。