「加減乗除の町の音 燐寸コレクション展 3」開催のお知らせ

「加減乗除の町の音 燐寸コレクション展 3」開催のお知らせ

川西市郷土館の公式サイトで発表がありましたので、2018年2月1日(木)から3月31日(日)まで「燐寸コレクション展3」を開催することになったことをお知らせします。
主に「たるみ燐寸博物館」所蔵の数えることすらあきらめた多くのマッチの中から400点以上、川西市郷土館の敷地内にある旧平賀邸の実験研究棟で見つかった広告マッチも30点ほど展示する予定です。
マッチに関する一般的な資料は一般社団法人日本燐寸工業会から頂く予定です。
「神戸とコーヒー 港からはじまる物語(神戸新聞総合出版センター、2017年)」を執筆した甘苦社の田中慶一さんから頂いた珈琲と喫茶にまつわる小冊子(フリーペーパー)「甘苦一滴」の20号(甘苦社、2017年5月発行)も部数は少なくなりましたが置いておきます。
「甘苦一滴」20号については2017年6月14日のblog”「甘苦一滴(AMANIGA-ITTEKI)」 No.20th may 2017″を参照にして頂ければうれしいです。
たるみ燐寸博物館としての印刷物をどれくらい用意できるかもわかりません。
印刷物はご自由にお持ち帰り下さい。

展示に関しては準備不足です。全く以て準備運動の時間さえありません。もう走り出してしまいました。
そんなわけで、今日は一般的に日曜日で休みの日なので、blogのアクセス数が低下しがちなこの日に気づかれにくいようにお知らせすることにしました。

「加減乗除の町の音」といい加減なようなメインタイトルですが、考え抜いて選んだ言葉なので僕なりの意味はあります。でも説明はしません。感じたままに受け取って下さい。

広告

正しい使い方ではありません。

正しい使い方ではありません。 (1)

正しい使い方ではありません。 (2)

正しい使い方ではありません。 (3)

正しい使い方ではありません。 (4)

ワイヤレスの小型USキーボードではありません。
いくら体温の低い僕とはいっても触り続けると溶けてやわらかくなってしまいます。
キーボードに似ているということで、キーボードと一緒に撮影された投稿はいろんなところで見かけるので目新しさはありませんが、これは僕の店舗のご近所さんから「3人のお子さんに」と頂いたヨックモックの特大板チョコ「エクセレント ミルクチョコレート」です。ありがとうございます。
頂く際に教えてもらったのですが、この商品は市販されていません。箱の裏にもそのように印刷されたシールが貼ってありました。ヨックモックの社内販売限定品のようです。
パッケージの色が違うだけか、味も異なるのかわからないのですが、「エクセレント ミルクチョコレート」はヨックモックのオンラインショップ限定で販売されていますね。

さて、5行10列のこの板チョコをどうやって食べるか子供たちが検討しています。
端から順番にかじっていくというのは喧嘩の元になります。
ここは1列に10個が連なる長い板チョコにして食べたいところです。余る2行は妻と僕が食べたいと思っていますが、そういうふうに切ると途中で割れてしまいそうですね。

家の裏庭、地球の裏側、発言の裏

家の裏庭、地球の裏側、発言の裏

大気中の水蒸気は冷たいの窓ガラスに触れて凝結し、水滴の集まりに変わった。
今朝その北向きの窓を拭こうとして、それらが凍っていることに気がついた。
北側に窓のある浴室の窓も凍って開かなかったそうだ。

僕の家の裏庭は台所や浴室などに面している庭ではない。家の裏側っていうのは方角に関係なく玄関があるほうが「表」でその反対が「裏」とすると、まあ、その辺りに裏庭があることになる。
最近建てられた多くの一戸建てに僕は裏庭なんてあまり見かけたことがない。
地球の裏側はどこかと訊かれれば、自分の立っている位置から考えるんでしょうね。
発言の裏はそれは本当は「表」かもしれないし、文字通り「裏」なのかもしれない。
昨日のblogで「前」について書いたのだけれど、「前」とはきっと玄関がある方向でしょうね。路面店ならお客様が出入りするドアのある方向が「前」となるのでしょう。

マッチ・コレクション/喫茶店ビクトリー – 三宮キネマ前

マッチ・コレクション/喫茶店ビクトリー - 三宮キネマ前 (1)

マッチ・コレクション/喫茶店ビクトリー - 三宮キネマ前 (2)

“喫茶店ビクトリー
年中夜通無休業…
三宮キネマ前”

かつて神戸には路面電車があり「神戸市電」と呼ばれていました。神戸市電にはいくつかの路線がありましたが、1971年に全線が廃止されました。
そのひとつに栄町本線という路線があって「三宮神社前」という停留所がありました。この場合の「前」は三宮神社のすぐ南側という意味です。

1978年に三宮センター街連合会よって発行された「三宮センター街三十年史」を読むと戦後(第2次世界大戦後)、三宮神社の境内は現在の大きさに縮小されてしまったそうですが、戦前は今より広く境内には劇場や多くの喫茶店などがあったようです。
「三宮キネマ」もそのひとつです。
マッチ箱に貼られているラベルを見ると「喫茶店ビクトリー」はその「三宮キネマ」前にあったことになります。
「前」がどの方角にあたるのか確認するという試みはしないことにします。三宮神社の境内だったのかもしれませんね。
マッチラベルのもう片面には大型船のイラストがあります。
船には詳しくないので、店名の「ビクトリー」となんらかの関係があるのかどうかわかりません。

古いマッチ箱を形のまま展示・保管するのはかなり大変なんです。

吹く風の強さ

吹く風の強さ

僕のココロが冷たい風に飛ばされていくのが見えませんか?
見えませんよね。見つけたら拾っておいて下さい。
ココロが沈黙しているのを感じることができますか?
感じませんよね。感じたら音楽を聴かせて下さい。
ココロが血を流せば気がつきますか?
気がつきませんよね。気がついたときには手遅れです。