「加減乗除の町の音 燐寸コレクション展 3」開催のお知らせ

「加減乗除の町の音 燐寸コレクション展 3」開催のお知らせ

川西市郷土館の公式サイトで発表がありましたので、2018年2月1日(木)から3月31日(日)まで「燐寸コレクション展3」を開催することになったことをお知らせします。
主に「たるみ燐寸博物館」所蔵の数えることすらあきらめた多くのマッチの中から400点以上、川西市郷土館の敷地内にある旧平賀邸の実験研究棟で見つかった広告マッチも30点ほど展示する予定です。
マッチに関する一般的な資料は一般社団法人日本燐寸工業会から頂く予定です。
「神戸とコーヒー 港からはじまる物語(神戸新聞総合出版センター、2017年)」を執筆した甘苦社の田中慶一さんから頂いた珈琲と喫茶にまつわる小冊子(フリーペーパー)「甘苦一滴」の20号(甘苦社、2017年5月発行)も部数は少なくなりましたが置いておきます。
「甘苦一滴」20号については2017年6月14日のblog”「甘苦一滴(AMANIGA-ITTEKI)」 No.20th may 2017″を参照にして頂ければうれしいです。
たるみ燐寸博物館としての印刷物をどれくらい用意できるかもわかりません。
印刷物はご自由にお持ち帰り下さい。

展示に関しては準備不足です。全く以て準備運動の時間さえありません。もう走り出してしまいました。
そんなわけで、今日は一般的に日曜日で休みの日なので、blogのアクセス数が低下しがちなこの日に気づかれにくいようにお知らせすることにしました。

「加減乗除の町の音」といい加減なようなメインタイトルですが、考え抜いて選んだ言葉なので僕なりの意味はあります。でも説明はしません。感じたままに受け取って下さい。

広告

マッチ・コレクション/喫茶店ビクトリー – 三宮キネマ前

マッチ・コレクション/喫茶店ビクトリー - 三宮キネマ前 (1)

マッチ・コレクション/喫茶店ビクトリー - 三宮キネマ前 (2)

“喫茶店ビクトリー
年中夜通無休業…
三宮キネマ前”

かつて神戸には路面電車があり「神戸市電」と呼ばれていました。神戸市電にはいくつかの路線がありましたが、1971年に全線が廃止されました。
そのひとつに栄町本線という路線があって「三宮神社前」という停留所がありました。この場合の「前」は三宮神社のすぐ南側という意味です。

1978年に三宮センター街連合会よって発行された「三宮センター街三十年史」を読むと戦後(第2次世界大戦後)、三宮神社の境内は現在の大きさに縮小されてしまったそうですが、戦前は今より広く境内には劇場や多くの喫茶店などがあったようです。
「三宮キネマ」もそのひとつです。
マッチ箱に貼られているラベルを見ると「喫茶店ビクトリー」はその「三宮キネマ」前にあったことになります。
「前」がどの方角にあたるのか確認するという試みはしないことにします。三宮神社の境内だったのかもしれませんね。
マッチラベルのもう片面には大型船のイラストがあります。
船には詳しくないので、店名の「ビクトリー」となんらかの関係があるのかどうかわかりません。

古いマッチ箱を形のまま展示・保管するのはかなり大変なんです。

マッチ・コレクション/喫茶「こーじ」- 姫路市

マッチ・コレクション/喫茶「こーじ」- 姫路市 (1)

マッチ・コレクション/喫茶「こーじ」- 姫路市 (2)

マッチ・コレクション/喫茶「こーじ」- 姫路市 (3)

マッチ・コレクション/喫茶「こーじ」- 姫路市 (4)

マッチ箱に印刷されている難読地名特集をしているつもりはありませんが、「英賀保」と書いて「あがほ」と読みます。
JR「垂水」駅から下りの快速電車に乗ることができれば、乗り換えることなく「英賀保」駅に着きます。
普通電車なら「西明石」駅で快速電車に乗り換えて「英賀保」駅へ、あるいは新快速電車で「姫路」駅まで行き、「姫路」駅で普通電車か快速電車に乗り換えると「英賀保」駅へ行くことができます。「姫路」駅の1つ西の駅です。

webで検索するとJR「英賀保」駅から南、県道502号線沿いにコーヒー・レストラン「こーじ」を見つけることができました。
電話番号は大きく変わっていますが、おそらくこの店のマッチだと思います。
JRがまだ国鉄時代のマッチです。なかなか楽しそうなイラストです。
喫茶「こーじ」の2016年以降の営業情報を見つけることができません。閉業したのでしょうか? それなら残念です。2016年12月のストリートビューでは入口にガラスに何やら貼り紙がしてありました。

側薬部分は劣化し、崩れてしまいそうな状態です。
箱マッチの弱点はこの側薬部分ですね。

マッチ・コレクション/喫茶&軽食「ファイヤーフライ(FIREFLY)」 – 宍粟郡

マッチ・コレクション/喫茶&軽食「ファイヤーフライ(FIREFLY)」 - 宍粟郡 (1)

マッチ・コレクション/喫茶&軽食「ファイヤーフライ(FIREFLY)」 - 宍粟郡 (2)

マッチ・コレクション/喫茶&軽食「ファイヤーフライ(FIREFLY)」 - 宍粟郡 (3)

仕事柄、地名の難読さには多く出会います。
「神戸」だって難読かもしれません。「垂水」だって読み方がむずかしいのかもしれません。
垂水駅周辺には「陸ノ町」「御霊町」という読み方の難しそうな地名があります。
店舗で扱っているシザーケースの電話注文があった際には届け先の郵便番号を必ず確認します。郵便番号がわかれば「郵便番号検索」で住所を確認します。
来店いただいたお客様の中には読みの難しいかたもいらっしゃいますので、手書きの注文シートの名前の欄にはかならずふりがなを書き込んでもらいます。

さて、兵庫県の中西部に「宍粟」という地域があります。かつては「郡」として存在していました。「宍粟」と書いて「しそう」と読みます。
2005年に宍粟市が誕生します。2006年に「宍粟郡安富町」は姫路市に編入され、姫路市安富町となりました。
「ファイヤーフライ(FIREFLY)」はそんな宍粟郡安富町にあった喫茶・軽食店です。
「宍粟郡安富町」は揖保川と国道29号線は切り離せない町で、ホタルとも深いつながりがあったようです。
昨年5月頃に揖保川下流域となる「たつの市」で釣り上げられた北米原産の大型肉食魚は「アリゲーターガー」です。
「レッド・アリゲーター」ではありません。

2017年12月30日のblogで「神戸市の西隣は明石市で、さらにその西隣が加古川市」と書きましたが、自治体という枠で捉えると明石市と加古川市の間に「播磨町」がありますね。
2017年10月1日時点で兵庫県は29市12町です。

マッチ・コレクション/下川商店(加古川) – マッチラベル

マッチ・コレクション/下川商店(加古川) - マッチラベル

神戸市の西隣は明石市で、さらにその西隣が加古川市です。
垂水駅からならJR神戸線の「快速」を使えば25分か30分くらいで加古川駅に着きます。
さて、「たぶんこの会社の昭和初期のころのマッチラベルだろう」と僕が思う会社があって、今年の夏に3度ほどメールで問い合わせをしたのですが、迷惑メールに振り分けられたのか、メールサーバー側で僕の店舗「レッドアリゲーター」「たるみ燐寸博物館」のドメインが受信を拒否されてしまったのか、僕の個人的なメールアドレスからも問い合わせをしてみたのですが、文面にSPAMメールと判断されるような内容が含まれていたのでしょうか、返事をいただけなかったということは僕の見当違いだったのかもしれません。
もしこのblogにお気づきになる機会があればご一報いただければうれしいですね。

ということで、加古川市にある洋品雑貨・婦人服・子供服を扱う「下川商店」のマッチラベルです。
イラストもタイポグラフィーも色の使い方も僕の好きなタイプですね。
すんなりと「ああ、いいな」って感じなのです。