カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/千代田区千鳥ヶ渕畔「フェヤーモント・ホテル」 – 東京・九段

マッチ・コレクション/千代田区千鳥ヶ渕畔「フェヤーモント・ホテル」 - 東京・九段 (1)
マッチ・コレクション/千代田区千鳥ヶ渕畔「フェヤーモント・ホテル」 - 東京・九段 (1)
マッチ・コレクション/千代田区千鳥ヶ渕畔「フェヤーモント・ホテル」 - 東京・九段 (1)
マッチ・コレクション/千代田区千鳥ヶ渕畔「フェヤーモント・ホテル」 - 東京・九段 (1)

“Although situated in the centre of Tokyo, the Hotel has the most picturesque and peaceful surroundings. It’s the Fairmont.”

“皇居のお堀 千鳥ヶ渕をのぞみ北の丸公園の緑に包まれた 都内で最も環境の良いホテルです。”

ブックマッチを開くと地図の上にそのような文章があります。

1951年(昭和26)年に営業を開始、施設老朽化で営業継続を断念し、2002年1月27日に閉館となった「フェヤーモントホテル」ついては「ホテルの社会史(著:富田昭次、2006、青弓社)」に”多くの人に桜の思い出を刻み込んだホテル”として書かれています。

1980(昭和55)年から毎年、春の訪れを知らせる「皇居のお濠。 千鳥ヶ淵の桜が 咲きました」という3行広告を朝日新聞紙面に載せていたそうです。

2004年6月、跡地には地上15階・地下2階の最高級・低層レジデンス「パークマンション千鳥ヶ淵」が完成しています。

広告