カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/TEA ROOM “響(HIBIKI)” (京都・小山上総町電停東)

マッチ・コレクション/TEA ROOM "HIBILI" 響 (京都・小山上総町電停東)

今日は日曜日。たぶん間違えたりする人はそれほど多くない、と思う。

かつて京都・小山上総町(こやまかみふさちょう)電停東 – 南には京都御所があり、東には加茂川が流れている – にあったTEA ROOM “響(HIBIKI)”のマッチ箱の片面は「日曜表」ということになる。

日曜日の休暇と土曜日の正午12時からの休暇(半日休み)は1876(明治9)年4月にはじまったらしく、「日曜表」というものが古くから存在したのは、そのことを忘れる人が多かったからという理由かもしれない。

このTEA ROOM “響(HIBIKI)”の「日曜表」から1900年代であれば、1904年、1910年、1921年、1927年、1932年、1938年、 1949年、1955年、1960年、1966年、1977年、1983年, 1988年, 1994年が該当する(今年2022年もこの「日曜表」と同じだけど…)。

TEA ROOM “響(HIBIKI)”の定休日が日曜日であったかどうかは、ここではわからない。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/凉しく やすく 気軽な 大阪一の洋酒喫茶「どるみ」 – 大阪梅田新道南船場会舘隣

マッチ・コレクション/凉しく やすく 気軽な 大阪一の洋酒喫茶「どるみ」 - 大阪梅田新道南船場会舘隣 (1)
マッチ・コレクション/凉しく やすく 気軽な 大阪一の洋酒喫茶「どるみ」 - 大阪梅田新道南船場会舘隣 (1)
マッチ・コレクション/凉しく やすく 気軽な 大阪一の洋酒喫茶「どるみ」 - 大阪梅田新道南船場会舘隣 (1)
マッチ・コレクション/凉しく やすく 気軽な 大阪一の洋酒喫茶「どるみ」 - 大阪梅田新道南船場会舘隣 (1)

“一流洋酒がWで50円”、”大阪一の豪華洋酒喫茶”、完全冷房、気軽な”どるみ”。深夜営業午前2時まで。

「さんずい」の”涼”ではなく、「にすい」の”凉”、”軽”も異体字で常用漢字外の”輕”、”館”も”舘”。その他いろいろ今では使うことの少ない漢字を見つけることができます。

大阪梅田新道南船場会舘隣。
今でいうと大阪府大阪市のどのあたりなのでしょう。おそらく、1989(平成元)年に「東区」と統合されて「中央区」となる以前の「南区」時代の南船場なのだと思いますが(打ち消し線にした理由は「追補」を参照)、マッチラベルに印刷されている「ウイスキーW」「ハイボールW」「コーヒー」「ケーキ」「ジュース」が50円をどのような時代背景の中に再現すればよいのでしょう。

広告としての意味はもうない。
2022年の夏は日本だけでなく、世界も暑い。

追補(2022年8月1日):
“「喫茶どるみ」は1961(昭和36)年当時の住宅地図では曽根崎新地にあった店だと思います。隣がアルサロの「船場会館」でした。”とのSNSで指摘がありましたので、一部修正します。

「大阪梅田新道南船場会舘隣」は「大阪梅田新道」+「南船場会舘隣」ではなく「大阪梅田新道南」+「船場会舘隣」と解釈しなければならなかったようです。
ということは「北区」ですね。見当違いな場所を探していました。

カテゴリー
モノ 雑文

金曜日。柔らかくて、手ごたえがなく、形が変わりやすい。

2022年の7月も来週の月曜日には8月となります。
その7月で病院の診察券は2枚増えました。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/喫茶店カラス – 神戸三宮生田筋

片面は漢字の「烏」に”Tea Room”と”KOBE”の文字を埋め込みながらデザイン化し、もう片面のカラスの上には”MCMXXXI”は年を表わすローマ数字。
MCMXXXI = M + CM + XXX + I = M + (M – C) + X + X + X + I = 1000 + (1000 – 100) + 10 + 10 + 10 + 1 = 1931。
ということで、1931(昭和6)年の神戸三宮生田筋にあった”喫茶店カラス”のマッチラベルということだろう。
手掛けたのはかつて神戸東池尻にあったはずの「藤澤マッチ」。

1931年9月1日年、神戸市では区制が施行。
僕にはその時代を再現することはできない。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/こういうことは法律で禁止されました – 京都府選挙管理委員会

マッチ・コレクション/こういうことは法律で禁止されました - 京都府選挙管理委員会 (1)
マッチ・コレクション/こういうことは法律で禁止されました - 京都府選挙管理委員会 (3)

“こういうことは法律で禁止されました”

いったい何が禁止されたかというと、選挙における”お祭りなどの寄付・お酒”、”結婚のお祝い金やお祝い品”、”出産・入学・卒業のお祝い金やお祝い品”です。

調べてみたところ、「公職選挙法」が公布されたのは1950(昭和25)年で、現職の政治家や候補者、立候補予定者による寄附の禁止は1954年の「公職選挙法改正」だと思いますが、そこは専門家にお任せします。その後も「公職選挙法」は何度か改正されてきているようです。

“こういうこと”がごく当たり前に許されていた時代が、そして、そういった行為が禁止されたことを伝えるために、マッチにその役割と効果を期待できる時代が過去にあったということだと思います。