カテゴリー
モノ 雑文

ともあれかくもあれ。

ともあれかくもあれ。

右手の人差し指を522ページの文庫本に栞の代わりに挟んで、裏表紙に親指を表紙に、残りの3本の指を添えて持ち、疲れ果てた季節の花をぼんやりと見ていると、その人差し指がとても痛むことに僕は気がついた。

マウスのスクロールホイールと左クリックの使い過ぎかもしれない、とも思う。そうでないかもしれない。