カテゴリー
モノ 雑文

消えてしまう前に、僕がやること。

“駅前が活気づくと、人は元気になると思う。”
“名谷 西神中央 垂水 西神中央が変わる。こころ踊る暮らしがはじまる。”

そうかもしれない、そうでないかもしれない。
新しいハードウェアでも効率のよいアプリケーションでもなく、たぶん「中身(コンテンツ)」じゃないかな、とも僕は勝手に思う。

解体と建設が急速化した神戸の街の、なくなってしまう前のハードウェアと僕の古い記憶を重ね、「マッチを通して街を記憶する」ために今日、僕は多く歩いた。