カテゴリー
モノ 雑文

実線の譲歩。

実線の譲歩。

僕がここに書き残してきた文章は横に長い画面だとほとんど気にならないのですが、縦に長い画面だと読むのにちょっと冗長だと思うことが多い – 洗練された文章ならその問題を越えられるかもしれない – ことを僕自身はきっぱりと認めているので、もう少し短くできたらと思ってるといっても、それが簡単なことではないことも知っているのです。