カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/神戸北長狭7丁目:カフヱー「ササナミ」、支店 西柳原岡崎銀行横入ル:カフヱー「漣」

マッチ・コレクション/神戸北長狭7丁目:カフヱー「ササナミ」、支店 西柳原岡崎銀行横入ル:カフヱー「漣」

「漣(ササナミ)」の本店はレストランで、支店がカフェーだったかどうか、それはもうわからない。

最近、たるみ燐寸博物館でマッチラベルのひとつに印刷されているノースリーブのドレスを着た女性を見かけるが、話しかけても応えてはくれない。

“神戸北長狭七丁目”は「モダン寺」として知られる「本願寺神戸別院」あたりで、”西柳原”はJR「兵庫」駅近くに位置する「柳原蛭子神社」あたりとなるのだろうか。
今なら2つの店舗間はゆっくり歩いて30分くらい、かと思う。

マッチの製造を行ったのは”神戸東尻池六”の「藤澤マッチ社」。

それぞれに「生田区」「兵庫区」「長田区」という表記がないので、まだ「神戸区」「湊西区」「林田区」という時代だったのかもしれない。

一般社団法人「全国銀行協会」の「銀行変遷史データベース」から推測すると”岡崎銀行”とは「神戸岡崎銀行」だろう。1917(大正6)年に設立され、1936(昭和11)年の後継の銀行設立のために消滅している。

漢字14画の「漣」は漢字検定では「準1級」で出題される。
「 風が吹いて、立つ細かな波」「涙を流すさま。つらなって流れる涙」といった意味がある。

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください