カテゴリー
雑文

7902歩。

7902歩。

「7902歩」という数字を僕は信用しているわけではないし、途中、バスを使ったし、どれだけ歩いたか、ということは気にしていないし、そしてなんの励みにもならないのだけれど、この数字が示すのは娘も同じくらい歩いたということ。

途中、娘も僕も同じ場所で同時に目にかゆみを感じという魔法にかけられ、マスクの効果もなく、僕はそのまま止まらないくしゃみの深みにのみ込まれていったのです。