カテゴリー
雑文

こまねきをまねく。

陽が沈んで風が吹くと涼しいと思う神戸・垂水なのだけれど、まだ不満もなく、まだ潤沢な夏の空気が僕のまわりに割り当てられている。
昨年、買いすぎて使い切れなかった玩具花火を使う機会を逸していることに気がつく。