カテゴリー
モノ 雑文

一日のうちの、該当しない、折れた時刻に。

時々、穏やかな青い色の空を見つけることができるが、雨が続いていることには変わりがない。
時々、亀裂が入ったような白い色の光を見ることがあるが、それらはいくつものヴィクター・フランケンシュタインの怪物を創造しているのかもしれない。