カテゴリー
モノ 雑文

そのまま少しお待ちいただけますか。

どこで順番が消えたのか、待ち行列の異常が生じたのか、そもそも僕がその中に組み込まれていたのかどうかもあやしいものだが、さっぱり呼び出されず、予約の時間をどう見直しても過去と言えるくらい、名前を呼ばれることをある種の決意をもって待ち続けて、診察時間のはるか外側で診察室に呼ばれる。
本当にあったことなのか、それとも断片的な夢のひとつだったのか、僕の捏造された記憶なのか、もうわからない。

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください