カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/喫茶「シェーク(Shake)」- 銀座館2階 (東京・銀座)

マッチ・コレクション/喫茶「シェーク(Shake)」- 銀座館2階 (東京・銀座) -1-
マッチ・コレクション/喫茶「シェーク(Shake)」- 銀座館2階 (東京・銀座) -2-
マッチ・コレクション/喫茶「シェーク(Shake)」- 銀座館2階 (東京・銀座) -3-

“喫茶「シェーク(Shake)」”の古い経木のマッチ箱は今で言う「ボックスマッチ寸六型」と呼ばれる5.6cm * 4.7cm * 0.9cmのサイズで、ラベルにはスカートから太ももがはだけた女性の両脚がエロティックに描かれています。

「公益財団法人ハイライフ研究所」の研究リポート”銀座の時層と来街空間「ハイライフ的銀座の歩き方」(その10)、2020年3月”に銀座2丁目に「銀座館ビル」が建てられたという記述があるので、この「銀座館ビル」が喫茶「シェーク(Shake)」があった”銀座館”なのだと思います。

かつて、三十間堀川(さんじっけんほりかわ)があった地域は1951(昭和26)年以降、第2次世界対戦の戦災の瓦礫・残土で埋め立てられたそうです。
高度経済成長期のモータリゼーションの影響もありますが、戦災復興都市計画の下、東京・銀座から川は消滅したのです。
それらの川の名残が「橋」の名前がつく交差点だそうです。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/舶来居酒屋「ボントン」 (野毛)

マッチ・コレクション/舶来居酒屋「ボントン」 (野毛) -1-
マッチ・コレクション/舶来居酒屋「ボントン」 (野毛) -2-
マッチ・コレクション/舶来居酒屋「ボントン」 (野毛) -3-

“のげ”は「野毛」と書くのだと思う。
「野毛」という地名で僕が最初に思い浮かぶのは神奈川県横浜市中区の「野毛町」なのだけれど、そういえば中学3年生から高校1年生までの2年間住んだ神奈川県川崎市にも「下野毛」があったなと思い返している。
見落とした場所もあるかもしれないが、千葉県成田市に「野毛平」、千葉県市原市に「野毛」、東京都世田谷区に「上野毛」と「野毛」がある。

マッチ箱に片面に描かれた女性が見上げているがガス灯だとすると、日本で最初にガス灯がともった – それは1872(明治5)年10月31日のできごとで、そこまで古いマッチ箱ではないが – 横浜市の「野毛」に舶来居酒屋「ボントン」があったのだと僕は推測しているのだけれど、どうだろう。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/TEA ROOM「モア」 (神戸駅前石川ビル地下)

マッチ・コレクション/TEA ROOM「モア」 (神戸駅前石川ビル地下) -1-
マッチ・コレクション/TEA ROOM「モア」 (神戸駅前石川ビル地下) -2-
マッチ・コレクション/TEA ROOM「モア」 (神戸駅前石川ビル地下) -3-
マッチ・コレクション/TEA ROOM「モア」 (神戸駅前石川ビル地下) -4-
マッチ・コレクション/TEA ROOM「モア」 (神戸駅前石川ビル地下) -5-

「石川ビル」はJR神戸線「神戸」駅の北口から歩いて3分くらいのところに建っていますが、その地下にある店はもう別の店で”TEA ROOM「モア」”はありません。

似たようなデザインのマッチ箱をみたことがあるような気がするし、訪れたようなようにも思うのですが、それは僕の勘違いかもしれません。
誰かの街の記憶と僕の記憶が交錯します。素敵なマッチ箱だと思います。