カテゴリー
雑文

らむぶらぁ

らむぶらぁ

静寂を止める手立てが見つからない、色を抑えた風のない重たげな月曜日、僕はまるで日本標準時に静かに尋問されてるような気分だった。