カテゴリー
モノ 雑文

左折して右折して、もう一度左折すると目の前にまっすぐな廊下が現われた。

左折して右折して、もう一度左折すると目の前にまっすぐな廊下が現われた。

今日のタイトルはウィル・ワイルズの長編小説「時間のないホテル(翻訳: 茂木健、2017年、東京創元社)」から引用しているのだけれど、僕が継ぎ目のない白い壁がどこまでも続く廊下のことをblogに書いたのは2017年10月13日のことだから、それから3年半以上が立ってしまったことになる。
あのどこまでも消毒されたように白く、果てしなく続く廊下の話の続きを書く力量は僕にはないが、登場させた責任は僕にある。
続きはある。
思い返してみれば、異なる廊下の話の断片を過去にいくつかblogに書いてそのままにしてきた。
書いていないだけで、それぞれに続きはある。

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください