カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/純喫茶「コニー(CONY)」 – 大阪・戎橋市電北ウラ

マッチ・コレクション/純喫茶「コニー(CONY)」 - 大阪・戎橋市電北ウラ (1)
マッチ・コレクション/純喫茶「コニー(CONY)」 - 大阪・戎橋市電北ウラ (2)
マッチ・コレクション/純喫茶「コニー(CONY)」 - 大阪・戎橋市電北ウラ (3)
マッチ・コレクション/純喫茶「コニー(CONY)」 - 大阪・戎橋市電北ウラ (4)

かつて大阪・戎橋(えびすばし)にあった純喫茶「コニー」。
そのマッチ箱は”純喫茶コニー”という文字も”masion de cafe CONY”という文字もとても控えめです。

場所は1969年3月31日に廃止された大阪市営電気鉄道(通称:大阪市電)「戎橋」電停の北側ということになりますが、巧みなデザインの中に隠れるように印刷された地図があるので、拡大してみると「ミドウスジ」の東側に「ハシスジ」という道があることに気がつきました。
確かに大阪には御堂筋と堺筋の間には南北に「心斎橋」「畳屋町」「笠屋町」「玉屋町」「先年町」という5本の「筋」がありますが「ハシスジ」というのはどこの道路を意味するのでしょうか。

「心斎橋筋(シンサイバシスジ)」を「シンサイハシスジ」と読むことは今はまずないと思うのですが、「シンサイハシスジ」と印刷されるところ、「シンサイ」の上にデザインが重なりって「ハシスジ」だけが印刷された、というわけではなさそうです。

その答えは新風書房が発行する”大阪の歴史と文化と産業を発信する季刊雑誌「大阪春秋」”の「第86号(1997年3日17日発行)」に載っている”心ブラの思い出 昭和十年代のハシスジ(肥田洵三)”にありそうなのですが、この号が「心斎橋」特集であることと文脈から考えて、「ハシスジ」は「心斎橋」のことなのだと思います。

「大阪春秋」 のバックナンバーはすべて「大阪市立図書館(大阪市西区)」と「大阪府立中之島図書館(大阪市北区)」に保管されているそうですが、東京都・京都府・大阪府・兵庫県への「新型コロナウイルス感染症・緊急事態宣言の発出」にともない両館とも臨時休館しています。