カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文 音楽

マッチ・コレクション/食堂百貨の「千日堂」 – 大阪・千日前

マッチ・コレクション/食堂百貨の「千日堂」 - 大阪・千日前 (1)
マッチ・コレクション/食堂百貨の「千日堂」 - 大阪・千日前 (2)
マッチ・コレクション/食堂百貨の「千日堂」 - 大阪・千日前 (3)

“千日前の千日堂 甘党フアンの千日堂 
食堂百貨の千日堂へ 行こうじゃないか

味はとびきりおいしくて 何でも安い
だから毎日毎晩  千日堂へ行く”

僕は小学生の頃からAM放送を聴かなかった。今でもほとんど聴かない。
でも、まだ大阪のことは小学校か中学校かで教わる程度のことしか知らなかった時代に、家のどこからか、誰かの家からか、誰かの家で、AM放送で「千日前の千日堂」のCMが流れてくるのを僕は聴いた。
1950年から1980年代に神戸・大阪で育った人であれば、聴けばわかる。歌詞さえ覚えていれば曲に合わせて歌うこともできるだろう。

大阪・千日前に”食堂百貨”と呼ばれた「千日堂」という総合レストランがあった。スッポン鍋が名物だったように入口には「スッポン太郎」と呼ばれる像が建っていたという。

「千日前の千日堂」は2001(平成13)年に閉業している。2021年4月3日の時点では「ビックカメラ なんば店」に近い場所だったそうだ。
僕が”千日堂”でもらったものではないが、「641」という市内局番時代のマッチ箱をたるみ燐寸博物館の寄贈された多くのマッチ箱の中に見つけた。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/キムラ珈琲館(三宮京町店:ニューセンタープラザ地階)

マッチ・コレクション/キムラ珈琲館(三宮京町店:ニューセンタープラザ地階) -1-
マッチ・コレクション/キムラ珈琲館(三宮京町店:ニューセンタープラザ地階) -2-
マッチ・コレクション/キムラ珈琲館(三宮京町店:ニューセンタープラザ地階) -3-
マッチ・コレクション/キムラ珈琲館(三宮京町店:ニューセンタープラザ地階) -4-
マッチ・コレクション/キムラ珈琲館(三宮京町店:ニューセンタープラザ地階) -5-
マッチ・コレクション/キムラ珈琲館(三宮京町店:ニューセンタープラザ地階) -6-
マッチ・コレクション/キムラ珈琲館(三宮京町店:ニューセンタープラザ地階) -7-
マッチ・コレクション/キムラ珈琲館(三宮京町店:ニューセンタープラザ地階) -8-

キムラ珈琲館のマッチ箱があります。
“川崎店”の「川崎」は神奈川県川崎市の「川崎」ではなく、”松本店”の「松本」も長野県松本市の「松本」ではありません。
「川崎」とは神戸市にある川崎重工業のことで、「松本」は神戸市営地下鉄「上沢」駅に近い”松本通”を意味します。

さて、「三宮京町筋店」は”ニューセンタープラザ地階”にあったはずですが、三宮センター街に「ニューセンタープラザ」なんてあったかな、という僕の疑問符だらけの記憶は「三宮センター街三十年史(1978年、三宮センター街連合会)」に収録されている地図の中に「センタープラザ」の南側、京町筋と生田筋に挟まれた場所に「ニューセンタービル」という表記を見つけたときに、いくつかの疑問符が消えていくようにも思いました。ジュンク堂書店三宮店やナガサワ文具センターが入居するビルです。
しかし、地上から見ても「ニューセンタービル」が僕の探している”ニューセンタープラザ”なのかわかりません。
「さんプラザ」と「センタープラザ」を東西に分ける「京町筋」に架かる「Cブリッジ」にまで上がってみました。そこから「ニューセンタービル」方向を眺めてもわからないことには変わりがなかったのです(撮影:2021年3月26日)。

カテゴリー
モノ 雑文

他人の空似。

他人の空似。

僕のものではない他人の空に何本も引かれた黒い補助線。さらにその上によく似た白い補助線が重なる。
黒い補助線とは異なり、白い補助線は描かれると同時に濃度を失っていく。

他人の空似。他人の空に。