カテゴリー
雑文 雲漏れ陽

ナツメグ・オーバードライブ

ナツメグ・オーバードライブ

「雲漏れ陽」というのは僕の造語で、「くもれび」と読みます。「くももれび」ではありません。
定着もしていない、する気配もない表現です。

ナツメグ色が加速する空と雲の間に展開された、2021年4月最後の日の切り取れなかった「雲漏れ陽(くもれび)」は僕の記憶の中に沈めるとして、2017年11月20日以来ひさかたぶりにその一片をここに残しておきます。