マッチ・コレクション/高級配合珈琲「ういんな」 – 静岡・七間町

マッチ・コレクション/高級配合珈琲「ういんな」 - 静岡・七間町 (1)
マッチ・コレクション/高級配合珈琲「ういんな」 - 静岡・七間町 (2)
マッチ・コレクション/高級配合珈琲「ういんな」 - 静岡・七間町 (3)


かつて静岡・七間町(しちけんちょう)にあった喫茶店”維也納(ういんな)”の創業は1951年。
多くの学識者が集まる店だったそうです。閉業時期は不明ですが、現在はビルとしてその名前が残っているようです。
たるみ燐寸博物館が所蔵するマッチ箱は経木製で、片面は”ウインナ”と”COFFEE”の文字が躍り、もう片面は”ういんな”の「う」の右上に”1954″、マッチ箱の背の部分には”高級配合珈琲「ういんな」 | しずおか”と細く描かれています(撮影のために手持ちのマッチ棒を使用している)。

静岡文化情報誌「しすおかイベントニュース 2014.3」に「街角」という「静岡市内の様々な地域をクローズアップしてお届けする」コラムがあって、”かつて「静岡市(現・葵区)七間町にあった「珈琲店 維也納(ういんな)」の芹沢銈介デザインのマッチ箱”というキャプションとともにマッチ箱が載っていました。
たるみ燐寸博物館が所蔵する”ういんな”のマッチ箱とはデザインは異なり、また、その写真では片面と背の部分しか確認できませんが、背の部分(側面)には”日本で著名な珈琲店 維也納(ういんな)”と印刷されています。

おそらく、このマッチ箱のデザインも芹沢銈介(せりざわけいすけ)が手掛けたのだ僕は思っているのです。

blog内、全て敬称略です。