カテゴリー
モノ 雑文

キオクニキクノ。

「なにも語らない人だっている。時間はかかる」と僕は言った。「だから探して確かめた多くのコトガラが交差する点を見出して、僕はそれをつなぎ合わせ続けている」
「ワタシの仕事は調べ上げることじゃない」と彼女は言った。「記憶に訊くの。ただそれだけ」