カテゴリー
モノ 雑文

その曖昧な境界の延長線上で、再び起こる事件。

その曖昧な境界の延長線上で、再び起こる事件。

2021年3月11日午前9時ごろに発生した「神戸花粉殺人未遂事件」の被害者の男性は2017年4月21日、2019年3月14日にも同様の事件に巻き込まれていたことがわかりました。
普段から抗ヒスタミン薬を服用していたということです。

「まあ、これは気の毒というと不謹慎だけれど」と番組の司会者が言う。「こういうことを言っちゃ、またいろんなところで叩かれるんだろうけど、気の毒としか言いようがないよね。どう思います?」

「非常に効果の高いとされる第2世代抗ヒスタミン薬といえども、アレルギー性鼻炎の重症例においては、その効果に限界があります」とコメンテーターとして登場する医師がリモート画面から、更にテレビ画面を通して伝えている。

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください