カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/アルサロ喫茶「エデンの東(EAST OF EDEN)」 – 銀座・青柳裏

マッチ・コレクション/アルサロ喫茶「エデンの東(EAST OF EDEN)」 - 銀座・青柳裏 (1)

さて、今日は1955(昭和30)年の東京・銀座8丁目へと行ってみた。
その年の11月、銀座8丁目2番地に果物専門店として創業した「新橋千疋屋(現・銀座千疋屋本店)」の横にアルサロ喫茶「エデンの東」は開店する。
僕にはさっぱり意味はわからないのだけれど、3、4か月前の新聞には経済審議庁が発表した経済白書「前進への道」の見出しが溢れていたはずだ。
映画館とその周辺には10月14日に日本上映となったジェームズ・ディーン主演の映画「エデンの東(EAST OF EDEN)」の手書きの看板とポスターが目立っている。すれ違う女のコたちはポニーテールが多いことに僕は気づく。
原作であるジョン・スタインベックの「エデンの東」が発表されたのは1952年。

アルサロ喫茶「エデンの東」では飲み物を注文すると「社交係・社交員」と呼ばれる女性が隣りに座ってくれたそうだ。ただ隣りにいるだけ。
1958年11月に火災により焼失したそうである。

2021年3月5日現在、東京都中央区銀座8には「青柳」というビルが建っている(竣工は1964年4月)。経木のマッチ箱の背の部分に印刷されている「青柳」とは地上9階建てのビルとなる前の「青柳」のことだろう。懐石・会席料理「青柳」だったようだが今はここにない。この「青柳」が後のどの「青柳」の繋がっていくのかはわからない。

*「昭和キャバレー秘史(福富太郎、1994.年、河出書房新社)」の巻末「キャバレー史年表」を参考にした。