カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/芋ようかん・甘味処「舟和」- 浅草新仲見世・オレンジ通り角

マッチ・コレクション/芋ようかん・甘味処「舟和」- 浅草新仲見世・オレンジ通り角 (1)
マッチ・コレクション/芋ようかん・甘味処「舟和」- 浅草新仲見世・オレンジ通り角 (2)
マッチ・コレクション/芋ようかん・甘味処「舟和」- 浅草新仲見世・オレンジ通り角 (3)

1902(明治35)年、東京・浅草で創業した和菓子店「舟和本店」。
マッチ箱にある”浅草新仲見世・オレンジ通り角”とは羊かん司「舟和」時代に開店した「みつ豆ホール」あった、現在の本店の場所なのだと思います。

「03」は印刷されていませんが、それに続く局番は「841」と3桁で、電話加入者番号も異なります。
本店は1975(昭和50)年に改装されたそうです。
「舟和本店」のある浅草「新仲見世商店街」でアーケード設置工事が始まるのは2009(平成21)年で、2011(平成23)年に東西にのびる380mのアーケードが完成しています。

僕が初めて東京・浅草を訪れたのは1975年の春です。そのときには僕はまだ「舟和」を知りませんでした。子供の頃から和菓子はまっすぐに神戸・西舞子に古くからある「幸神堂」と決まっていたからです。
今では「舟和」の芋ようかんをよく知っています。

マッチ箱を振れば、軸木が奏でる心地よい音がします。
「舟和本店」がこれからの東京・浅草の移り変わりも記憶しながら、末長く愛されるお店であることをお祈りいたします。