カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/特急はつかり(日本食堂)

マッチ・コレクション/特急はつかり(日本食堂) -1-
マッチ・コレクション/特急はつかり(日本食堂) -2-
マッチ・コレクション/特急はつかり(日本食堂) -3-
マッチ・コレクション/特急はつかり(日本食堂) -4-

2020年4月に特急「はつかり」の歴史をわかりやすく、多角的に解説してした”旅鉄Collection 005 特急「はつかり」(著:「旅と鉄道」編集部、出版:天夢人)”が出版さていますが、鉄道に詳しくない僕が今回、参考にした書籍は”キハ82物語 -「はつかり」で始まったディーゼル特急半世紀の物語 (著:石井幸孝、2005年、出版:JTBキャンブックス) “です。

この本によると「はつかり」の食堂車は”定員40名で青色の床にグリーンの横引カーテン、赤い椅子で、列車位置表示装置も仕込まれた。国鉄初のテープレコーダーによるBGMを流す装置も備えられた。調理室は完全電化、ステンレス張りで、発電セット用の配電盤室が備わ”り、”先頭車には売店も設置されてい”たそうです。

1960(昭和35)年12月10日に運転が始まった特急「はつかり」は度重なる事故で「はつかり、がっかり」と揶揄され、新聞記事として取り上げられますが、その後、改良が加えられ、上野駅と青森駅を結び、1968(昭和43)年9月9日に引退しました。

この日本食堂の「特急はつかり」のマッチは食堂車だけでなく、売店でも配られていたのでしょう。