カテゴリー
モノ 雑文

比べられる量ともとにする量。

比べられる量ともとにする量。

かつて僕も躓いたわけだが、小学生の算数で「 割合(わりあい)」を求める際、「比べられる量」と「もとにする量」という表現が今でも使われていて、どちらが「もとにする量」なのか「比べられる量」なのかということがひたすらにわからなかったのは只々、当時の僕の語彙力と読解力の問題だったと言い切れるのだろうか、という言い訳をここに書くことで遠い昔の僕を正当化して、明日の準備をすることにしよう。

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください