カテゴリー
モノ 雑文

比べられる量ともとにする量。

比べられる量ともとにする量。

かつて僕も躓いたわけだが、小学生の算数で「 割合(わりあい)」を求める際、「比べられる量」と「もとにする量」という表現が今でも使われていて、どちらが「もとにする量」なのか「比べられる量」なのかということがひたすらにわからなかったのは只々、当時の僕の語彙力と読解力の問題だったと言い切れるのだろうか、という言い訳をここに書くことで遠い昔の僕を正当化して、明日の準備をすることにしよう。