カテゴリー
雑文

回収後の残沈殿物

回収後の残沈殿物

いくつか前の夜明けの時刻に、僕は夢の中で誰かに対してなにかの文句を言っていたことを覚えている。その「誰か」と「なにか」は思い出せないが、そのときに僕は長文の解読不可能な寝言をおよそ2分 – どうやって妻が測定したのかは確認していないが -読み上げていたらしい。

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください