カテゴリー
雑文

回収後の残沈殿物

回収後の残沈殿物

いくつか前の夜明けの時刻に、僕は夢の中で誰かに対してなにかの文句を言っていたことを覚えている。その「誰か」と「なにか」は思い出せないが、そのときに僕は長文の解読不可能な寝言をおよそ2分 – どうやって妻が測定したのかは確認していないが -読み上げていたらしい。